アッシャー、ラムゼイ・ハント症候群と診断されたジャスティン・ビーバーの近況を明かす「とても元気」

2022/07/19 18:15

アッシャー、ラムゼイ・ハント症候群と診断されたジャスティン・ビーバーの近況を明かす「とても元気」
アッシャー、ラムゼイ・ハント症候群と診断されたジャスティン・ビーバーの近況を明かす「とても元気」


 アッシャーがジャスティン・ビーバーのキャリアを後押ししてから15年経つが、彼は今もその後輩を見守り続けている。ジャスティンは2022年6月にラムゼイ・ハント症候群による顔面麻痺と闘っていることを明らかにし、ファンの間に衝撃が走ったが、アッシャーは米Extraとの新しいインタビューでジャスティンの健康に関する最新情報を提供した。
 友人の状態について尋ねられたアッシャーは、つい最近ジャスティンと休暇で一緒に遊んだことを明かした。「彼はとても元気だよ。休暇中の彼と会って、なんとか一緒に過ごすことができた。彼が今経験していることが何であれ、ファンや家族からサポートを受けているのを見るのは実際とても素晴らしいことだと思う」と語った。
 ジャスティンは6月10日にインスタグラムで、【ジャスティス・ワールド・ツアー】を延期しなければならなかった理由として初めて診断を明らかにした。投稿された自撮り動画では、顔の半分が動かず、もう半分がいつも通りまばたきと笑顔を続けている様子が映っていた。メイヨー・クリニックによると、ラムゼイ・ハント症候群は帯状疱疹ウィルスが耳の近くの顔面神経に影響を与えることで起こる。
 アッシャーは、「アーティストとして俺たちは皆、人々が必ずしも理解できないようなことを経験することになると思う。言うまでもなく(ジャスティンは)世界を旅に連れ出したと思っている。その始まりにいたこと、そして友人として今日まで関われていることが嬉しい」と語っている。
 アッシャーはまた、自身の米ラスベガス常設公演【My Way:The Las Vegas Residency】について、ファンを意識して作ったものだと語った。2022年7月17日から8月14日まで開催されるショーについて彼は、「レディーたちが見たいものを提供することが全てなんだ、分かるだろ?今まで体験したことのないようなものをベガスに提供することだ。ブロードウェイ、演技、スケート、ヒット曲、ダンスなど、キャリアを通じて多くのことをやってきたけれど、それらをすべてショーに盛り込もうとしているんだ」と説明している。

あわせて読みたい

  • ジャスティン・ビーバー、ラムゼイ・ハント症候群公表後の近況を明かす

    ジャスティン・ビーバー、ラムゼイ・ハント症候群公表後の近況を明かす

    Billboard JAPAN

    6/15

    ジャスティン・ビーバー、【ジャスティス・ワールド・ツアー】の再開を発表

    ジャスティン・ビーバー、【ジャスティス・ワールド・ツアー】の再開を発表

    Billboard JAPAN

    7/20

  • ジャスティン・ビーバー、ラムゼイ・ハント症候群による顔面麻痺を告白

    ジャスティン・ビーバー、ラムゼイ・ハント症候群による顔面麻痺を告白

    Billboard JAPAN

    6/13

    顔の半分が麻痺(まひ)! 現役医師が顔面神経麻痺を経験して初めてわかった「患者さんの気持ち」
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    顔の半分が麻痺(まひ)! 現役医師が顔面神経麻痺を経験して初めてわかった「患者さんの気持ち」

    dot.

    9/27

  • ビリー・アイリッシュ、トゥレット症候群を抱えていることやポールとのFaceTimeについて語る

    ビリー・アイリッシュ、トゥレット症候群を抱えていることやポールとのFaceTimeについて語る

    Billboard JAPAN

    4/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す