ウタ(Ado)×Vaundy、『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌「逆光」ティザーMV解禁

2022/07/06 17:10

ウタ(Ado)×Vaundy、『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌「逆光」ティザーMV解禁
ウタ(Ado)×Vaundy、『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌「逆光」ティザーMV解禁


 8月6日公開の『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌「逆光」のティザーMVが解禁された。

 本作のメインキャラクターであるウタは劇中で様々な楽曲を歌唱しており、ウタの歌唱を担当するのはAdo。そんなウタが歌う楽曲を提供するのは、中田ヤスタカ、Mrs. GREEN APPLE、Vaundy、FAKE TYPE.、澤野弘之、折坂悠太、秦 基博という総勢7組のアーティストたち。各楽曲のMVをそれぞれ別のアニメーターやイラストレーターが手掛ける「ウタMV企画」も始動し、第1弾は、主題歌「新時代」(楽曲提供:中田ヤスタカ/MV担当:hmng)、第2弾は、劇中歌「私は最強」(楽曲提供:Mrs. GREEN APPLE/MV担当:藍にいな)のMVがそれぞれ解禁された。

 第3弾は、劇中歌「逆光」のMVで、本日7月6日20時からのフルサイズ公開に先駆けてティザーMVが解禁。Vaundyの楽曲提供による同曲は、ウタの抱える怒りや葛藤、そしてウタの強い覚悟を描いた、パンチの効いたロックチューンとなっており、MVはイラスト・漫画家のso品が担当している。

 また、ONE PIECE公式YouTubeチャンネルでは、楽曲に紐づくショートエピソード【ウタ日記#3】も配信される予定となっている。


◎Vaundy コメント
脚本を読んで、すぐに頭の中に映像とイメージが浮かび上がってきました。このシーンで流れてきたら絶対カッコいいな、と考えながら、ウタの気持ちになって制作しました。「逆光」は、ウタの感情が爆発するシーンで流れる曲で、心情を描写するような疾走感や力強さ、テンポ感がある楽曲です。ロック調で毒々しさがありつつ悲しさもあり、ウタの本心を表現する爆発力が必要だからこそ、Adoさんの “刃”のような力強い歌声を 100%出せる楽曲だと思っています。先輩たちを倒そうという気持ちで、作品と音楽に本気で向き合い、良い楽曲ができたと思います。とにかく完成した作品を観るのが楽しみです。僕も皆さんと一緒に楽しめたらいいなと思っています。


◎映像情報
YouTube『【ウタ】『逆光』ティザームービー / UTA『Backlight』teaser clip【UTA】』
https://youtu.be/juqp1ttiLck

YouTube『【Ado】逆光(ウタ from ONE PIECE FILM RED)』
https://youtu.be/gt-v_YCkaMY


◎リリース情報
「逆光」
2022/7/6 DIGITAL RELEASE


(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会 配給:東映

あわせて読みたい

  • Adoが『ONE PIECE FILM RED』歌姫・ウタの歌唱担当、中田ヤスタカ/ミセス/Vaundy/秦 基博ら楽曲提供

    Adoが『ONE PIECE FILM RED』歌姫・ウタの歌唱担当、中田ヤスタカ/ミセス/Vaundy/秦 基博ら楽曲提供

    Billboard JAPAN

    6/9

    ウタ(Ado)×折坂悠太、『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌「世界のつづき」ティザーMV解禁

    ウタ(Ado)×折坂悠太、『ONE PIECE FILM RED』の劇中歌「世界のつづき」ティザーMV解禁

    Billboard JAPAN

    7/27

  • Ado、『ONE PIECE』尾田栄一郎描き下ろしジャケットイラスト解禁&主題歌「新時代」MV今夜公開

    Ado、『ONE PIECE』尾田栄一郎描き下ろしジャケットイラスト解禁&主題歌「新時代」MV今夜公開

    Billboard JAPAN

    6/15

    Ado、初の全国ツアー【Ado LIVE TOUR 2022-2023「蜃気楼」】開催決定

    Ado、初の全国ツアー【Ado LIVE TOUR 2022-2023「蜃気楼」】開催決定

    Billboard JAPAN

    7/5

  • Ado『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』ランダム封入トレカ絵柄解禁、Ado/ウタ/ルフィ/動物バンドの全4種

    Ado『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』ランダム封入トレカ絵柄解禁、Ado/ウタ/ルフィ/動物バンドの全4種

    Billboard JAPAN

    6/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す