【先ヨミ・デジタル】幾田りら「レンズ」がDLソング初登場首位走行中 Ado/BTS新曲が後を追う

2022/06/17 18:13

【先ヨミ・デジタル】幾田りら「レンズ」がDLソング初登場首位走行中 Ado/BTS新曲が後を追う
【先ヨミ・デジタル】幾田りら「レンズ」がDLソング初登場首位走行中 Ado/BTS新曲が後を追う


 GfK Japanによるダウンロード・ソング売上レポートから、2022年6月13日~6月15日の集計が明らかとなり、幾田りらの「レンズ」が8,827ダウンロード(DL)を売り上げて現在首位を走っている。
 同曲は、来週6月21日に最終回を迎える上野樹里主演のドラマ『持続可能な恋ですか? ~父と娘の結婚行進曲~』の主題歌で、6月14日に配信がスタート。2位以下に3500DL以上の差をつけて、初登場にして現在堂々のトップとなっている。
 「レンズ」を追うのは、先週6月8日にゲリラ配信され、6月15日公開のダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”(集計期間:2022年6月6日~6月12日)にて初登場1位に輝いたAdoの新曲「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」(5,314DL)だ。続いて、しばらくソロ活動に専念することを発表したBTSの最新アンソロジー・アルバムから、リード曲「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」(4,601DL)が3位に。同曲は、先日YouTubeにて行われた『Proof』Liveにてアンダーソン・パークとコラボステージを披露したことでも話題となったほか、現在CD、ストリーミングでもヒットを記録しており、引き続き注目が集まる。
 また速報トップ10には、6月29日リリースのニューアルバム『SEES』のリード曲として先行配信された、ゆず「君を想う」(9位/1,620DL)や、ゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』に登場するユニット・アンティーカの新曲「愚者の独白」(10位/1,617DL)と、集計最終日の6月15日に配信スタートしたばかりの2曲が初登場した。これら上位楽曲の今後の動きに注目したい。

◎Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(集計期間:2022年6月13日~6月15日)
1位「レンズ」幾田りら
2位「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado
3位「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」BTS
4位「ミックスナッツ」Official髭男dism
5位「それを愛と呼ぶなら」Uru
6位「Habit」SEKAI NO OWARI
7位「M八七」米津玄師
8位「初恋が泣いている」あいみょん
9位「君を想う」ゆず
10位「愚者の独白」アンティーカ
※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】幾田りら「レンズ」でDLソング首位、『ちいかわ』劇中歌がトップ10デビュー

    【ビルボード】幾田りら「レンズ」でDLソング首位、『ちいかわ』劇中歌がトップ10デビュー

    Billboard JAPAN

    6/22

    【先ヨミ・デジタル】YOASOBI「好きだ」がDLソング首位走行中 ヒゲダン/米津が続く

    【先ヨミ・デジタル】YOASOBI「好きだ」がDLソング首位走行中 ヒゲダン/米津が続く

    Billboard JAPAN

    6/3

  • 【先ヨミ・デジタル】米津玄師「M八七」DLソング首位キープ中 シングル収録3曲すべてがトップ10入り

    【先ヨミ・デジタル】米津玄師「M八七」DLソング首位キープ中 シングル収録3曲すべてがトップ10入り

    Billboard JAPAN

    5/20

    【先ヨミ・デジタル】NiziU「Take a picture」1.3万DLでダウンロード・ソング現在首位 RADWIMPS新曲は3位に

    【先ヨミ・デジタル】NiziU「Take a picture」1.3万DLでダウンロード・ソング現在首位 RADWIMPS新曲は3位に

    Billboard JAPAN

    4/9

  • 【先ヨミ・デジタル】米津玄師「Pale Blue」が2週目も首位キープ ヨルシカ「又三郎」が続く

    【先ヨミ・デジタル】米津玄師「Pale Blue」が2週目も首位キープ ヨルシカ「又三郎」が続く

    Billboard JAPAN

    6/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す