【先ヨミ】Sexy Zone『ザ・ハイライト』がAL首位走行中 JO1/Vivid BAD SQUADが続く

2022/06/03 13:15

【先ヨミ】Sexy Zone『ザ・ハイライト』がAL首位走行中 JO1/Vivid BAD SQUADが続く
【先ヨミ】Sexy Zone『ザ・ハイライト』がAL首位走行中 JO1/Vivid BAD SQUADが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2022年5月30日~6月1日の集計が明らかとなり、Sexy Zoneの『ザ・ハイライト』が124,499枚を売り上げて首位を走っている。
 『ザ・ハイライト』は、Sexy Zoneの約2年4か月ぶりとなる8thアルバムで、全3形態(初回限定盤A/B・通常盤)でリリースされた。また、本作には秦 基博、Nulbarich、岡崎体育、STUTS、iriらが楽曲提供で参加している。本作は初動3日間で124,499枚を売り上げており、2位以下に11万枚以上の差をつけて首位を独走している。
 2位には最新チャートで首位を獲得したJO1の2ndアルバム『KIZUNA』が13,498枚を売り上げて登場。続いて、スマホゲームプロジェクト『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』よりVivid BAD SQUADのアルバムが12,211枚を売り上げて3位を走行中だ。
 4位には、今年レコードデビュー50周年を迎えるさだまさしの約2年ぶりとなる通算43作目のアルバム『孤非』が走っている。そして5位には楠木ともりの4th EP『遣らずの雨』が登場している。
 
◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2022年5月30日~6月1日)
1位『ザ・ハイライト』Sexy Zone(124,499枚)
2位『KIZUNA』JO1(13,498枚)
3位『Vivid BAD SQUAD SEKAI ALBUM vol.1』Vivid BAD SQUAD(12,211枚)
4位『孤非』さだまさし(8,514枚)
5位『遣らずの雨』楠木ともり(5,712枚)
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】Sexy Zone『ザ・ハイライト』が総合アルバム首位 JO1/Vivid BAD SQUADが続く

    【ビルボード】Sexy Zone『ザ・ハイライト』が総合アルバム首位 JO1/Vivid BAD SQUADが続く

    Billboard JAPAN

    6/9

    【先ヨミ】NCT DREAM『Beatbox』がAL首位走行中 SKE48 Team S/Sexy Zoneが続く

    【先ヨミ】NCT DREAM『Beatbox』がAL首位走行中 SKE48 Team S/Sexy Zoneが続く

    Billboard JAPAN

    6/9

  • 【ビルボード】SEVENTEEN『Face the Sun』が初週45万枚を売り上げてアルバム・セールス首位

    【ビルボード】SEVENTEEN『Face the Sun』が初週45万枚を売り上げてアルバム・セールス首位

    Billboard JAPAN

    6/14

    【深ヨミ】Sexy Zone『ザ・ハイライト』前作超えでアルバム首位に 過去作と地域別販売動向を比較

    【深ヨミ】Sexy Zone『ザ・ハイライト』前作超えでアルバム首位に 過去作と地域別販売動向を比較

    Billboard JAPAN

    6/13

  • 【ビルボード】ジャニーズWEST『Big Shot!!』が171,051枚を売り上げてSGセールス首位獲得 とき宣/竹内まりやが続く

    【ビルボード】ジャニーズWEST『Big Shot!!』が171,051枚を売り上げてSGセールス首位獲得 とき宣/竹内まりやが続く

    Billboard JAPAN

    10/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す