ボブ・ディラン、T・ボーン・バーネットの新ハイファイ・アナログ・メディアの第一弾として過去曲を再録中

2022/04/27 14:39

ボブ・ディラン、T・ボーン・バーネットの新ハイファイ・アナログ・メディアの第一弾として過去曲を再録中
ボブ・ディラン、T・ボーン・バーネットの新ハイファイ・アナログ・メディアの第一弾として過去曲を再録中


 2022年4月26日、ボブ・ディランと頻繁にコラボしているT・ボーン・バーネットが、ディランとスタジオに入り、彼の伝説の名曲の再レコーディングに向けて取り組んでいることを明らかにした。
 この再録音源は、新しいハイファイ・メディア、アイオニック・オリジナルズ(Ionic Originals)を紹介するために制作された。アイオニック・オリジナルズの導入は、アナログ再生に関する70年以上ぶりの躍進となるとプレス・リリースに記載されている。
 このディランの新録音については発売時期や、どの曲が再録されたのか、再生に必要なハードウェアは何かなど、詳細はほとんど発表されていない。
 バーネットは、長年にわたりアナログ・サウンドの素晴らしさを提唱してきた。【グラミー賞】受賞プロデューサーである彼の新会社NeoFidelity Inc.では、アイオニック・オリジナルズをシリーズでリリースする予定で、ディランの録音はその第一弾となる。アナログ・レコードに似たフォーマットでリリースされるものの、まったく新しいメディアとなる。発表時の写真では、バーネットがアイオニック・オリジナルズの音源が入ったアルミ板を手にしている。
 バーネットはプレス・リリースで、新事業への意気込みを語った。「アイオニック・オリジナルズは、録音物の最高峰です。アーカイバル(記録として保管しておける)品質です。時代遅れにならないように設計されています。唯一無二です。アイオニック・オリジナルズは絵画に匹敵するだけでなく、絵画なのです。アルミニウムのディスクにラッカーが塗られ、音楽によって螺旋が刻まれています。ですがこの絵画にはその音楽が含まれており、螺旋に針を入れて回転させると、その音楽を聴くことができるという性質もあります」と彼は説明している。
 彼は、デジタルよりもアナログの音が好みであることについても語っている。「アナログの音がデジタルより優れている点を説明するとき、“暖かみ”という言葉がよく使われます。アナログの方が深みがあり、より複雑なハーモニーを持ち、より共鳴し、音像がもっと優れています。アナログの方が雰囲気があり、個性的で、より感触があります。デジタルの音は凍っています。アナログの音は生きているのです」と彼は言う。
 この発表の最後に、NeoFidelity Inc.とバーネットは、“幅広い音楽ジャンルのアーティストをレコーディングし、アイオニック・オリジナルズを流通させるプラットフォームを提供する”こと、そして“録音された音楽の評価をリセットする”というミッションを掲げている。

あわせて読みたい

  • デヴィッド・ボウイ集大成ボックス第2弾の詳細が明らかに

    デヴィッド・ボウイ集大成ボックス第2弾の詳細が明らかに

    Billboard JAPAN

    7/27

    ディランもびっくり!? ザ・バンドの名盤をいじりまくり!
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    ディランもびっくり!? ザ・バンドの名盤をいじりまくり!

    週刊朝日

    9/7

  • 【ニールセン・ミュージック2019年上半期チャート】アリアナ・グランデが155万ユニットでアルバム部門を制す

    【ニールセン・ミュージック2019年上半期チャート】アリアナ・グランデが155万ユニットでアルバム部門を制す

    Billboard JAPAN

    6/28

    ヨーコ・オノ、1968年からのスタジオアルバム全11作がアナログ復刻

    ヨーコ・オノ、1968年からのスタジオアルバム全11作がアナログ復刻

    Billboard JAPAN

    2/21

  • スティーヴ・ヴァイ、10年ぶりの書き下ろしニューALから新曲「リトル・プリティ」解禁

    スティーヴ・ヴァイ、10年ぶりの書き下ろしニューALから新曲「リトル・プリティ」解禁

    Billboard JAPAN

    12/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す