ジョン・バティステ、【グラミー賞】ノミネート楽曲を収録したコンピ盤配信

2022/04/12 14:07

ジョン・バティステ、【グラミー賞】ノミネート楽曲を収録したコンピ盤配信
ジョン・バティステ、【グラミー賞】ノミネート楽曲を収録したコンピ盤配信


 【第64回グラミー賞授賞式】で、史上3位の11部門ノミネート、そして<アルバム・オブ・ザ・イヤー>を含む最多5部門を受賞という快挙を成し遂げたジョン・バティステのノミネート楽曲7曲を網羅したコンピレーション・アルバム『Jon Batiste: The Nominated Collection』が配信リリースされた。
 本作には、<アルバム・オブ・ザ・イヤー>を獲得した『ウィー・アー』と、『ソウルフル・ワールド オリジナル・サウンドトラック』から厳選した7曲が収録されており、ジャズ、クラシック、R&B、ソウルなどあらゆるジャンルを横断する稀有な才能を存分に感じ取ることが出来る。
 また、今回<ベスト・ミュージック・ビデオ>を受賞した楽曲「フリーダム」のメイキング動画「Jon Batiste - The Making of 'Freedom' (Vevo Footnotes)」の公開がスタートした。ジョン自身や制作スタッフのコメントを交えた興味深い仕上がりとなっている。
 動画の中で、ジョンはこの曲について「この曲は7月4日の独立記念日に書いたんだ。まずタイトルを先に決め、その後は自然と曲が出来ていったんだ。歌詞は、普遍的な意味での自由を思い描いたものになっている」とコメントしている。また、同曲のミュージック・ビデオについては、「これは、縛られていたものを解き放ち、感謝と賛美の気持ちを込めて腕を上げるという発想から生まれたものなんだ。僕はニューオーリンズのセント・オーグスティン高校に通っていたけれど、そこは歴史的なマーチング・バンドでとても大切な学校だ。そのマーチング・バンドはビデオにも出演していて、高校時代を思い出したよ。撮影の合間には音楽が流れ、ダンサーがトランプをして遊んだり、ミュージシャンがホーンでリフを吹き鳴らしたり、古き良きブラック・クックアウトのような雰囲気があったね」と語っている。


◎リリース情報
『Jon Batiste: The Nominated Collection』
配信中
<トラックリスト>
1. フリーダム
2. イッツ・オールライト
3. アイ・ニード・ユー
4. クライ
5. ムーヴメント 11’
6. ビガー・ザン・アス
7. ボーン・トゥ・プレイ
https://jon-batiste.lnk.to/TheNominatedCollectionPR

あわせて読みたい

  • 【第64回グラミー賞】ノミネーション発表、ジョン・バティステが最多11部門の候補に

    【第64回グラミー賞】ノミネーション発表、ジョン・バティステが最多11部門の候補に

    Billboard JAPAN

    11/24

    【ブリット・アワード2022】ノミネーション発表、アデル/エド・シーラン/デイヴ/リトル・シムズが最多4部門の候補に

    【ブリット・アワード2022】ノミネーション発表、アデル/エド・シーラン/デイヴ/リトル・シムズが最多4部門の候補に

    Billboard JAPAN

    12/20

  • 【第64回グラミー賞】フー・ファイターズ/ジョン・バティステ/H.E.R./ナズらのパフォーマンスが決定

    【第64回グラミー賞】フー・ファイターズ/ジョン・バティステ/H.E.R./ナズらのパフォーマンスが決定

    Billboard JAPAN

    3/25

    【グラミー賞】ノミネート楽曲コンピ『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』ビヨンセ/ドレイク/ジャスティン・ビーバーら全21曲収録

    【グラミー賞】ノミネート楽曲コンピ『2017 GRAMMY(R)ノミニーズ』ビヨンセ/ドレイク/ジャスティン・ビーバーら全21曲収録

    Billboard JAPAN

    1/10

  • 【第62回グラミー賞】でリゾとビリー・アイリッシュが達成、主要4部門同時ノミネート・アーティストの全リスト

    【第62回グラミー賞】でリゾとビリー・アイリッシュが達成、主要4部門同時ノミネート・アーティストの全リスト

    Billboard JAPAN

    11/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す