菅田将暉、オンラインライブで「まちがいさがし」「虹」「ラストシーン」など全13曲を披露

2022/03/22 18:12

菅田将暉、オンラインライブで「まちがいさがし」「虹」「ラストシーン」など全13曲を披露
菅田将暉、オンラインライブで「まちがいさがし」「虹」「ラストシーン」など全13曲を披露


 菅田将暉が、自身2度目となるオンラインライブ【菅田将暉 LIVE STREAMING VOL.2】を、2022年3月20日に開催した。
 雪の積もる冬景色の中、階段を上がっていく先の綺麗な陽の光が差す一室でバンドメンバーのKNEEKIDSとともに始めた1曲目は「クローバー」。2019年のツアー以来となる演奏にも関わらず、息の合ったアンサンブルが温かい空気で満たしていく。そして、「サンキュー神様」はバンドメンバーのシミズコウヘイがボーカルとしても参加し、歌の掛け合いを行う中で、更にグルーヴが増していく。その後のMCでは、「1年ぶりですかね、オンラインライブ見て下さって、ありがとうございます。改めまして菅田将暉です」と始まり、楽曲制作のための合宿の中で実施されたオンラインライブなこともあり、良い意味で力の入り過ぎていないアットホームな空気に終始包まれていた。
 続いて、ベースとボーカルから始まるまたいつもとは少し違うアコースティック調でのアレンジで「まちがいさがし」を披露。ミュージックビデオを撮り下ろしたばかりの「ギターウサギ」は、張り上げたエモーショナルな歌い方でまた原曲とは違った一面を見せるアレンジで披露した。バンド編成では初の披露となるストリーミング再生が2億回を突破した「虹」、メンバー紹介をはさみつつ、映画『糸』のエンディングソングとしても起用された「糸」を丁寧に歌い上げた。そしてアコースティックギターを手にして「ベイビィ」をベースとドラムのシンプルな編成で披露した。
 幕間のオフショット映像をはさんで、今度は場所を変えて照明も光るよりライブハウスに近い空間で披露したのは「TONE BENDER LOVE」。間髪を入れず「Keep On Running」「ソフトビニールフィギア」とアップテンポナンバーを次々と披露していく。「皆さん見えてますか、あと少しなんで一緒に楽しんで下さい」と配信ライブを見ているお客さんに声がけをしつつ披露したのは、歪んだギターが印象的な「7.1oz」。そしてギターを手に「あと2曲、楽しんでやっていきます」と印象的なギターイントロとともに歌い出したのは「さよならエレジー」。そして「今というものにぶつけてひゅーい君と作りました。今日はありがとうございました」と、最後には最新曲でライブ初披露となる「ラストシーン」を残った力を出し切るように強く歌い上げ、オンラインライブは幕を閉じた。
 なお、このライブは3月27日までアーカイブ放送が視聴可能となっている。
Photo by 上飯坂一
◎セットリスト
【菅田将暉 LIVE STREAMING VOL.2】
見逃し配信:配信終了後準備が整い次第~3月27日(日) 23:59
01. クローバー
02. サンキュー神様
03. まちがいさがし
04. ギターウサギ
05. 虹
06. 糸
07. ベイビィ
08. TONE BENDER LOVE
09. Keep On Running
10. ソフトビニールフィギア
11. 7.1oz
12. さよならエレジー
13. ラストシーン
https://stagecrowd.live/sudamasaki_vol2/

あわせて読みたい

  • 菅田将暉、ニューシングル『ラストシーン』に配信ライブ収録 ジャケット&詳細情報を公開

    菅田将暉、ニューシングル『ラストシーン』に配信ライブ収録 ジャケット&詳細情報を公開

    Billboard JAPAN

    11/2

    菅田将暉、“幻想的で青くさい”新曲「ラストシーン」MV公開

    菅田将暉、“幻想的で青くさい”新曲「ラストシーン」MV公開

    Billboard JAPAN

    11/24

  • 菅田将暉、ZEPPツアーのファイナル公演を収めた映像作品を12月25日にリリース決定

    菅田将暉、ZEPPツアーのファイナル公演を収めた映像作品を12月25日にリリース決定

    Billboard JAPAN

    11/11

    菅田将暉、ツアーファイナルで山崎賢人と「さよならエレジー」歌唱

    菅田将暉、ツアーファイナルで山崎賢人と「さよならエレジー」歌唱

    Billboard JAPAN

    9/9

  • 菅田将暉、Zeppツアー開幕「僕じゃなきゃ成り立たないライブにはなっている」

    菅田将暉、Zeppツアー開幕「僕じゃなきゃ成り立たないライブにはなっている」

    Billboard JAPAN

    8/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す