アレック・ベンジャミン、新曲「シャドー・オブ・マイン」で過去から逃れようとする虚しさを歌う

2022/02/28 14:30

アレック・ベンジャミン、新曲「シャドー・オブ・マイン」で過去から逃れようとする虚しさを歌う
アレック・ベンジャミン、新曲「シャドー・オブ・マイン」で過去から逃れようとする虚しさを歌う


 過去に【SUMMER SONIC】で来日し、天使の歌声と称されたシンガー・ソングライター、アレック・ベンジャミンが、2022年4月15日に2ndアルバム『アンコメンタリー』をリリースすることを発表した。
 今作には、既にリリースされている「The Way You Felt」、「Older」を含む13曲が収録される予定だ。また、発表と同時に新曲「シャドー・オブ・マイン」もリリースした。
 この曲は、自分の過去(影)から逃れようとすることの虚しさを歌った、ピアノの旋律が美しくも悲しい、魅惑的な曲となっている。アレックは、「多くの場合、自分の問題は環境の産物だと考えていたけど、実際には自分の中に存在しているんだ」と述べている。
 大人になってからのプレッシャーや失望、SNSへの依存、不安や苦悩など、数限りない表出に対し、絶え間ない問いかけを行うことで、アルバム『アンコメンタリー』は誕生した。「僕の世代は、今この国や世界で起きていることに対し、正当な批判や意見をたくさんしていると思う。問題は、その先にある結果なんだ。この場所をより良く出来るのか、それとも僕らの方がズタズタになってしまうのか。これがこのアルバムに込めた本質なんだ」と彼は語っている。
 アルバムには、サー・ノーラン(ケラーニ、セレーナ・ゴメス)、サム・デ・ヨング(レノン・ステラ、ゲイリー・クラーク・ジュニア)、ローマンズ(メアリー・J. ブライジ、カリード)が制作に加わり、ダン・ウィルソン(アデル、リオン・ブリッジズ)、チャーリー・プース(ジャスティン・ビーバー、ジョン・レジェンド)などと共同作詞しているのが特徴だ。
 アレックは4月から北米ツアー第2弾を行い、さらに20回のヘッドライナー公演を行うほか、4月17日と24日には【コーチェラ・フェスティバル】に初出演する予定だ。

◎リリース情報
配信シングル「シャドー・オブ・マイン」
2022/2/25 RELEASE
https://Japan.lnk.to/ABshadowPu

あわせて読みたい

  • 『ジーズ・トゥー・ウィンドウズ』アレック・ベンジャミン(Album Review)

    『ジーズ・トゥー・ウィンドウズ』アレック・ベンジャミン(Album Review)

    Billboard JAPAN

    6/4

    【ビルボード】エド・シーランが洋楽チャート首位返り咲き、ブルーノがTOP20圏内に5曲エントリーの快挙

    【ビルボード】エド・シーランが洋楽チャート首位返り咲き、ブルーノがTOP20圏内に5曲エントリーの快挙

    Billboard JAPAN

    3/29

  • 【ビルボード】エド・シーランが首位に返り咲き、ブルーノ・マーズは首位記録更新ならず

    【ビルボード】エド・シーランが首位に返り咲き、ブルーノ・マーズは首位記録更新ならず

    Billboard JAPAN

    2/8

    【ビルボード】エド・シーラン、通算5週目の洋楽チャート首位に

    【ビルボード】エド・シーラン、通算5週目の洋楽チャート首位に

    Billboard JAPAN

    4/12

  • ハリー・スタイルズの歌唱力が存分に活かされた、後世に受け継がれていく名曲「サイン・オブ・ザ・タイムズ」(Song Review)

    ハリー・スタイルズの歌唱力が存分に活かされた、後世に受け継がれていく名曲「サイン・オブ・ザ・タイムズ」(Song Review)

    Billboard JAPAN

    4/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す