クイーンの名曲使用、松坂桃李出演「リクルートダイレクトスカウト」テレビCM第2弾

2022/02/14 14:57

クイーンの名曲使用、松坂桃李出演「リクルートダイレクトスカウト」テレビCM第2弾
クイーンの名曲使用、松坂桃李出演「リクルートダイレクトスカウト」テレビCM第2弾


 松坂桃李を起用した「リクルートダイレクトスカウト」のテレビCM第2弾が本日2月14日から放映されている。
 第2弾となる同作は、求職者が「リクルートダイレクトスカウト」を通じて新たな仕事と出会い、それぞれの現場で活躍する様子を、4篇にわたって届ける。松坂が各篇で、「仕事を頑張りながら、良い転職も」「自分の技術を、さらに多くの人に役立てられる転職を」「事業の成長にもっと関われる。そんな転職」と、スカウトだからこそ実現できる理想の転職像について語りかけると、クイーンの「Don‘t Stop Me Now」に乗せ、仲間たちと生き生きと仕事する様子が映し出される。また、30秒版のフロー説明verでは「リクルートダイレクトスカウト」で求職者にスカウトが届くまでの流れを松坂のナレーションで紹介している。

◎松坂桃李 インタビュー
Q.今回のCM撮影の感想を教えて下さい。
A.今回は求職者の方の転職後の姿をQUEENさんの楽曲に乗せて、ポジティブに表現したCMになっています。前作もそうですが、楽曲との相性が良いですよね。
新しい場所に足を踏み入れるのは、怖さや不安があると思いますが、それに対し背中を押すような内容になっているので、皆さんにも気持ちよく見てもらえるだろうという手応えを感じました。
Q.松坂さんは普段、どんなことを想いながら仕事されていますか。
A.「より豊かな人生のために」です(笑)。僕は「仕事の為に自分の人生がある」のではなくて、「自分の人生のために仕事がある」と思っています。どれだけ日々を充実させられるか、気持ちを満たせられるか、そのためにどう過ごすか。仕事に限らずですが、そんなことを考えながら日々を過ごしています。
Q.松坂さんは仕事での不安や迷いをどのように乗り越えていますか?
A.僕の場合、転職ではないですけど、毎回新しい作品の中に入る時の怖さみたいなものはもちろんありますし、その作品で「自分はこれからどういう方向に進んでいくんだろう」という漠然とした不安があることもあります。僕はそれらに対して、「どんな選択でも、それが自分のキャリアにとって最短で近道」という思いで取り組んでいます。今すぐ結果が出なくても、その3つ、4つ先くらいの所で活かされる可能性もある。実際、僕はこの仕事を13年ほど続けさせてもらっていますが、何年も前に経験させてもらったことが今、活きることもあります。「色々まわり道した結果だけど、やっぱりこれが自分にとっての最短ルートだったんだ」と思えるんです。
Q.新しい現場(職場)でうまくコミュニケーションを図るコツはありますか。
A.僕らの仕事だと、映画は監督、ドラマは主演の方、舞台はスタッフの方々など、実は現場によって空気感を作り出す人が違うんです。僕の場合は、その空気感に自分の肌感覚をできるだけ合わせようとしている気がします。あと、最初はとにかく謙虚に、お世話になるという気持ちで(笑)。
Q.2022年の抱負を教えて下さい。
A.20代の頃はとにかく走り続けてきたので、30代になった今は、これまで撒いてきた種をしっかり育てるような感覚で、2022年以降は、一つの作品に没入したいなと。一つひとつの作品に対してじっくり時間をかけて向き合っていきたいと思っています。
https://www.youtube.com/channel/UCCKvUi9Jc_AVkXJ7sKvNhDQ

あわせて読みたい

  • 「35歳限界説」はもはや過去 転職で「就職氷河期世代」が積極採用のワケ

    「35歳限界説」はもはや過去 転職で「就職氷河期世代」が積極採用のワケ

    AERA

    9/26

    転職市場はすでに活性化 コロナで変わった仕事選びの“新基準”

    転職市場はすでに活性化 コロナで変わった仕事選びの“新基準”

    週刊朝日

    8/21

  • 綾小路翔のすっぴん/真木よう子のヒゲダンス/松坂桃李の瓦割り イメージ覆す『氷結(R)』新CM放送

    綾小路翔のすっぴん/真木よう子のヒゲダンス/松坂桃李の瓦割り イメージ覆す『氷結(R)』新CM放送

    Billboard JAPAN

    2/15

    松坂桃李「自分の名前が嫌いだった」 その理由は?

    松坂桃李「自分の名前が嫌いだった」 その理由は?

    週刊朝日

    6/5

  • 20代、30代の転職事情 一度の失敗から本気の就活へ

    20代、30代の転職事情 一度の失敗から本気の就活へ

    AERA

    5/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す