故レスリー・ウェスト、スラッシュ/ザック・ワイルドら参加の追悼ALが日本先行発売

2022/02/09 14:36

故レスリー・ウェスト、スラッシュ/ザック・ワイルドら参加の追悼ALが日本先行発売
故レスリー・ウェスト、スラッシュ/ザック・ワイルドら参加の追悼ALが日本先行発売


 1960年代末から1970年代初頭のアメリカン・ハードロック創成期に人気を博したマウンテンのフロントマン、故レスリー・ウェストの追悼アルバム『レガシー:トリビュート・トゥ・レスリー・ウェスト』がリリースされることが決定した。日本盤CDは海外より2日先行となる2022年3月23日にソニーミュージックより発売される。
 2020年12月23日に75歳でこの世を去ったレスリー・ウェストは、エディ・ヴァン・ヘイレン、マイケル・シェンカー、エース・フレーリー、ランディ・ローズといった後のギター・ヒーローたちに多大な影響を与えたギタリスト/ヴォーカリストとして知られ、絶頂期は決して長くはなかったものの、ヒット・シングル「ミシシッピー・クイーン」を筆頭に「ナンタケット・スレイライド」「想像されたウエスタンのテーマ」、「暗黒への旅路」といった名曲を世に送り出した。
 そんなレスリーをリスペクトするロック界のスーパー・ミュージシャンたちが彼を追悼するために大集結したのが本作となっている。スラッシュ、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、マーティ・フリードマン、スティーヴ・モーズ、ジョージ・リンチ、マイク・ポートノイ、ジョー・リン・ターナー、ディー・スナイダー、ロニー・ロメロ、ルディ・サーゾといったHR/HM界のスター・ミュージシャンを中心に、エリオット・イーストン(カーズ)、ロビー・クリーガー(ドアーズ)、マーティン・バー(ジェスロ・タル)、ランディ・バックマン(ゲス・フー)、レスリーのバンド・メンバーでもあったレヴ・ジョーンズとボビー・ロンディネリなど、錚々たる面々が参加している。カヴァーされた曲はマウンテンだけでなく、ソロ名義のデビュー・アルバム、ウェスト・ブルース&レイング、ザ・レスリー・ウェスト・バンドの曲も入っており、レスリーがもっとも輝いていた1969年~1975年の作品から選曲されている。
 マウンテンの代表曲2曲でヴォーカルを務め、レスリーの親友でもあったというトゥイステッド・シスターのディー・スナイダーは、「レスリーはヒーローであり、友人であり、最高の男であり、ギター・ゴッドだった。俺はずっと“想像されたウエスタンのテ-マ”を歌いたかったんだ。レスリーのギター・ソロの中でもお気に入りでね。俺の心に響くし、本当に色んな意味で語りかけてくるんだ。このアルバムでをこれをやる機会ができて光栄だよ」と話してる。
 本作のエグゼクティヴ・プロデューサーであるレスリーのマネージャーのボブ・リンジとレスリーの妻ジェニー・ウェストは以下のコメントを寄せている。ボブは「私たちはそれぞれの曲でホームラン・バッターと仕事ができて本当に恵まれていました。どの曲も、レスリーが真のMVPだということを強調しています。このアルバムは彼の作品が時代を超えて輝くことを如実に表しています。このアルバムを聴いていると思わず空を見上げてしまいます。そうするとレスリー・ウェストという大きな山のような男が笑顔で“これはいい気分になれるね”と言っている姿が見えるのですよ」と語っている。
 ジェニーは「レスリーほど愛されている実感を私に味わわせてくれた人は世界のどこにもいませんでした。そんな彼にこの贈り物を捧げることができるのは本当に光栄でありがたいことです。夫はよくこう言っていました。“俺の魂を震えさせないものは望ましくないんだ”。このアルバムには魂を震わせるトーンが確かに存在すると思います。聴いているとレスリーがプレイしていると勘違いすらするかもしれません。それはいいことだと思います。夫は、模倣とはお世辞の最も真摯な形である、ということわざを心から信じていましたからね。中には彼らならではのひねりを曲に効かせたプレイヤーもいますが、そんな時もオーセンティックさとリスペクトが感じられます。レスリーが聴いたらきっと喜んだことでしょう」と述べている。
◎リリース情報
アルバム『レガシー:トリビュート・トゥ・レスリー・ウェスト』
2022/3/23 CD RELEASE
2022/3/25 DIGITAL RELEASE
SICX 179 / 2,640円(tax incl.)
<トラックリスト>
1.ブラッド・オブ・ザ・サン(feat.ザック・ワイルド)
2.ナンタケット・スレイライド(feat.ジョー・リン・ターナー&マーティ・フリードマン)
3.想像されたウエスタンのテーマ(feat.ディー・スナイダー&マイク・ポートノイ)
4.ヤスガーの農場(feat.ジョー・リン・ターナー&マーティン・バー)
5.ワイ・ドンチャ(feat.スティーヴ・モーズ&ロニー・ロメロ)
6.虹に坐って(feat.エリオット・イーストン&ロニー・ロメロ)
7.君がすべて(feat.ディー・スナイダー&ジョージ・リンチ)
8.ザ・ドクター(feat.ロビー・クリーガー&ロニー・ロメロ)
9.銀色の紙(feat.チャーリー・スター)
10.マニー(ワッチャ・ゴナ・ドゥ)/ バイ・ザ・リヴァー(feat.バックマン&バックマン)
11.ロング・レッド(feat.イングヴェイ・マルムスティーン&テディ・ロンディネリ)
12.ミシシッピー・クイーン (feat.スラッシュ&マーク・ラベル)

あわせて読みたい

  • “ロックンロール60周年”ワーナー、ソニー、ユニバーサル3社がロック創世記コンピを同時発売 全150曲リストも公開

    “ロックンロール60周年”ワーナー、ソニー、ユニバーサル3社がロック創世記コンピを同時発売 全150曲リストも公開

    Billboard JAPAN

    6/10

    【2020 ビルボード・ミュージック・アワード】ノミネーション発表、最多はポスト・マローン #BBMAs

    【2020 ビルボード・ミュージック・アワード】ノミネーション発表、最多はポスト・マローン #BBMAs

    Billboard JAPAN

    9/23

  • デヴィッド・ゲッタ『リスン』に、さらに8曲が加わった『リスン・アゲイン』リリース

    デヴィッド・ゲッタ『リスン』に、さらに8曲が加わった『リスン・アゲイン』リリース

    Billboard JAPAN

    10/30

    サンタナ/ロバート・ジョンソンらの歴史的名盤、全50タイトルが『ギター・レジェンド』1000円盤シリーズに登場

    サンタナ/ロバート・ジョンソンらの歴史的名盤、全50タイトルが『ギター・レジェンド』1000円盤シリーズに登場

    Billboard JAPAN

    4/13

  • エイサップ・ロッキー、待望の2ndアルバム『アット・ロング・ラスト・エイサップ』を突如ドロップ

    エイサップ・ロッキー、待望の2ndアルバム『アット・ロング・ラスト・エイサップ』を突如ドロップ

    Billboard JAPAN

    5/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す