スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』の主演2人が「大切にしたこと」とは

2022/01/31 19:22

スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』の主演2人が「大切にしたこと」とは
スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』の主演2人が「大切にしたこと」とは


 スティーブン・スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』で主演を務めたアンセル・エルゴートとレイチェル・ゼグラーの「大切にしたこと」が明かされた。
 2月11日から公開される同作は「ロミオとジュリオット」をモチーフにしたミュージカル映画。舞台は夢や成功を求め多くの移民たちが暮らすニューヨークのウエストサイド。貧困や差別に不満を募らせた若者たちは同胞の仲間と結束し、各チームの対立が激化していく中、プエルトリコ系移民で構成された“シャークス”のリーダーを兄に持つマリアは、対立するヨーロッパ系移民“ジェッツ”の元リーダーのトニーと恋に落ちるというあらすじだ。トニー役をアンセル・エルゴート、約3万人のオーディションから選ばれ、映画初出演となった新星レイチェル・ゼグラーがマリア役を演じた。
 アンセル・エルゴートは「歌の中では、スピルバーグ監督の演出で生まれ変わった作品のストーリー、その時伝えたい言葉そのものを表現できる。歌うときは、技術的に上手に歌おうとするとかではなくて、そのシーンでキャラクターが何を言い、どのように感じているかを表現することが大切なんだ」とコメント。
 レイチェル・ゼグラーは「本作のマリアには様々な背景が肉付けされているの。彼女は誰の前でも物怖じしない強い意志をもっているわ。それは直接歌声に影響しているし、全てのシーン、曲に適した歌い方に注意を払ったの。彼女の姿、歌声は今の若い女性たちにとてもカッコよく映ると思う」と明かしている。
 スティーブン・スピルバーグ監督は「『ウエスト・サイド・ストーリー』の楽曲はいつも僕の心を掴み、おもわず立ち上がって、歌って、踊りたくなる気持ちにさせるんだ。ミュージカルは僕たちの DNAの一部だよ。子どもの頃からずっとこの作品を映画にしたかった」と語った。
◎映画情報
『ウエスト・サイド・ストーリー』
2022年2月11日(祝・金)から全国公開
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
作曲:レナード・バーンスタイン
作詞:スティーブン・ソンドハイム
振付:ジャスティン・ペック
指揮:グスターボ・ドゥダメル
出演:
アンセル・エルゴート
レイチェル・ゼグラー
アリアナ・デボーズ
マイク・ファイスト
デヴィッド・アルヴァレス
リタ・モレノ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

あわせて読みたい

  • スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』アンセル・エルゴート&レイチェル・ゼグラーのメッセージ

    スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』アンセル・エルゴート&レイチェル・ゼグラーのメッセージ

    Billboard JAPAN

    1/26

    スティーブン・スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』の裏側を見せる特別映像

    スティーブン・スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』の裏側を見せる特別映像

    Billboard JAPAN

    2/18

  • スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』が『第79回ゴールデングローブ賞』4部門でノミネート

    スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』が『第79回ゴールデングローブ賞』4部門でノミネート

    Billboard JAPAN

    12/14

    スティーブン・スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』コメント映像&日本版ポスター

    スティーブン・スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』コメント映像&日本版ポスター

    Billboard JAPAN

    12/3

  • 東山紀之が愛を語る、スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』CM

    東山紀之が愛を語る、スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』CM

    Billboard JAPAN

    1/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す