『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』、赤坂アカがジャケット描き下ろし

2022/01/21 18:15

『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』、赤坂アカがジャケット描き下ろし
『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』、赤坂アカがジャケット描き下ろし


 まふまふの活動10周年を記念して2022年3月23日にリリースとなる『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』のジャケットアートワークが公開となった。
 本トリビュートアルバムは、まふまふのオリジナル楽曲を豪華作家陣がリアレンジし、縁のあるボーカリストたちがカバー歌唱する、二次創作アルバムとなる。まふまふの楽曲に豪華アーティストたちが新たな命を吹き込むというコンセプトのもと「転生」というサブタイトルが付けられた。アートワークは、漫画『かぐや様は告らせたい』などの作者で、まふまふとも親交のある人気漫画家・赤坂アカによる描き下ろしとなっている。
 また、アルバム購入者を対象とした各店舗別特典として、アニメイトでは缶バッジ(Aタイプ)、Amazon.co.jpではクリアカード、タワーレコードではA4クリアファイル、セブンネットショッピングでは缶バッジ(Bタイプ)、楽天ブックスではミニ色紙(Aタイプ)、楽天ブックス(ファミリーマート受け取り限定)ではミニ色紙(Bタイプ)、応援店(店名は後日発表)ではポストカードの特典絵柄が公開となった。
 トリビュートアルバムの発売を記念したグッズの販売も開始。6000円以上購入すると、オリジナルステッカーがプレゼントされることも決定した。

◎赤坂アカ コメント
まふまふさん10周年おめでとうございます!
このような記念すべき企画の一端を担う事が出来て、とても光栄に思います。
まふまふさんが活動を初めて10年。
くしくも私も、活動を初めて10年となり、ほぼ同期と言っても過言ではないと思っております。
10年前、当時の私は漫画家と言うよりボーカロイドのIAのキャラデザをした人と認識されることが多く、歌い手として活動するまふまふさんと同じ界隈で、ほぼニアミスの位置で活動し、絶妙に絡むことはなく時は流れていきました。
けれども今こうして、お互い第一線で活動できていて、昔を懐かしんだりしつつ、一緒に仕事が出来ていることを嬉しく思ったりしています。
今日の日を、また10年後に懐かしいと言いながら一緒にお仕事したいものです。
10周年おめでとうございます。
◎リリース情報
アルバム『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』
2022/03/23 RELEASE
<10周年記念盤(CD+instrumental音源CD+特製リリックカード)>
※特殊ケース仕様
AZZS-122 / 3,500円(tax in.)
<通常盤(CD)>
※ジュエルケース仕様
AZCS-1105 / 2,500円(tax in.)
https://mafumafu-tribute.com/
【参加アーティスト 第1弾(※五十音順・敬称略)】
Ado / 天月-あまつき- / Ayase / あらなるめい / 浦島坂田船 / カンザキイオリ / Giga / 佐々木裕 / syudou / Sou / そらる / 田中秀和(MONACA) / Neru / 羽生まゐご / 堀江晶太 / luz / and more...

あわせて読みたい

  • 『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』西川貴教、不破湊、まふまふバンドらが参加

    『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』西川貴教、不破湊、まふまふバンドらが参加

    Billboard JAPAN

    2/15

    『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』来春リリース Ado、Ayase、そらる、羽生まゐご等が参加

    『まふまふ トリビュートアルバム ~転生~』来春リリース Ado、Ayase、そらる、羽生まゐご等が参加

    Billboard JAPAN

    11/29

  • 【ビルボード】KAT-TUN『Honey』初週10.4万枚を売り上げてアルバム・セールス首位

    【ビルボード】KAT-TUN『Honey』初週10.4万枚を売り上げてアルバム・セールス首位

    Billboard JAPAN

    4/5

    【先ヨミ】KAT-TUN『Honey』がAL首位走行中 TREASURE/サカナクションが続く

    【先ヨミ】KAT-TUN『Honey』がAL首位走行中 TREASURE/サカナクションが続く

    Billboard JAPAN

    4/1

  • まふまふ、映画主題歌「栞」ファンタジーなMV公開

    まふまふ、映画主題歌「栞」ファンタジーなMV公開

    Billboard JAPAN

    2/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す