【米ビルボード・ソング・チャート】アデル「イージー・オン・ミー」通算8週目の首位、『ミラベルと魔法だらけの家』サントラから「秘密のブルーノ」がTOP5入り

2022/01/11 14:10

【米ビルボード・ソング・チャート】アデル「イージー・オン・ミー」通算8週目の首位、『ミラベルと魔法だらけの家』サントラから「秘密のブルーノ」がTOP5入り
【米ビルボード・ソング・チャート】アデル「イージー・オン・ミー」通算8週目の首位、『ミラベルと魔法だらけの家』サントラから「秘密のブルーノ」がTOP5入り


 アデルの「イージー・オン・ミー」が3週ぶりに返り咲き、通算8週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。
 集計期間がクリスマスのピークだった2021年12月25日から2022年1月8日付チャートまで、3週連続で1位をキープしたマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」をはじめ、先週までTOP10にランクインしていた6曲、100位内にランクインしていた全29曲のホリデー・ソングは一掃され、例年通り今週から通常のチャートが戻った。
 先週5位から2位に再浮上した「イージー・オン・ミー」は、セールスが前週から12%減少の8,000に下降したものの、ストリーミングが3%増加の1,580万回、エアプレイは6%増加の9,900万回に上昇し、今週のAirplay Gainerを獲得した。ストリーミング・ソング・チャートでは、Hot 100同様にホリデー・ソングが一斉に圏外へランクダウンしたため、今週22位から5位にジャンプアップし、エアプレイ・チャートでは7週目の首位を勝ち取った。
 自身の楽曲では、7週で並んでいた「ローリング・イン・ザ・ディープ」を上回る2番目に長い記録を更新。首位獲得総週は通算32週目に塗り替えた。
10週「ハロー」 (2015年)
8週「イージー・オン・ミー」(2021年)
7週「ローリング・イン・ザ・ディープ」(2011年)
5週「サムワン・ライク・ユー」 (2011年)
2週「セット・ファイヤー・トゥ・ザ・レイン」 (2012年)
 続いて2位も、先週の6位からザ・キッド・ラロイ&ジャスティン・ビーバーの「ステイ」が上昇。3位に初登場した2021年7月24日付チャートからTOP10に約6か月ランクインし続け、今週で滞在週を26週に更新した。通算記録としては歴代6番目、初登場からの記録としては、ポスト・マローンの「サークルズ」が記録した38週に次ぐ2番目のロングランとなる。
 先週7位に返り咲いたグラス・アニマルズの「ヒート・ウェイヴス」は今週3位まで上昇し、登場51週目にして初のTOP5入りを果たした。この記録は、一昨年ギャビー・バレットの「アイ・ホープfeat.チャーリー・プース」が打ち出した45週を上回る歴代最長で、TOP5ランクインまでに30週を超えたタイトルのうち、ローンスターの「アメイズド」以外はすべて2010年以降に達成している。
()内は達成年
51週 グラス・アニマルズ「ヒート・ウェイヴス」(2022年)
45週 ギャビー・バレット「アイ・ホープfeat.チャーリー・プース」(2020年)
42週 イマジン・ドラゴンズ「レディオアクティヴ」(2013年)
35週 クリス・ブラウン&ヤング・サグ「ゴー・クレイジー」(2021年)
34週 フロリダ・ジョージア・ライン「クルーズfeat.ネリー」(2013年)
30週 ボビー・ヘルムズ「ジングル・ベル・ロック」(2020年)
30週 ブレンダ・リー「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマス・ツリー」(2019年)
30週 マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」(2019年)
30週 ローンスター「アメイズド」(2000年)
 「ヒート・ウェイヴス」は、グラス・アニマルズにとってHot 100に初めてランクインしたタイトルで、TikTokのバイラル・ヒットにより昨年夏にチャートを上昇し、100位に初登場した2021年1月16日付チャートから42週を経て同年11月13日付チャートでTOP10入りした。初登場からTOP10にランクインした期間としても、キャリー・アンダーウッドの「ビフォア・ヒー・チーツ」(2005年)を上回る歴代最長記録を更新している。
 今週は、エアプレイが前週比3%増加の6,650万回、ストリーミングは12%増加の1,410万回に上昇。ロック&オルタナティブ・ソング・チャートとオルタナティブ・ソング・チャートでは、それぞれ16週目の首位を獲得した。その他、ポップ・エアプレイ・チャートで3位、アダルト・ポップ・エアプレイ・チャートでは6位にランクインしている。オルタナティヴ・エアプレイ・チャートでは、昨年の3~4月にかけて3週のNo.1をマークした。
 先週の9位から4位に最高位を更新したエド・シーランの「シヴァーズ」を挟み、今週5位にはディズニー最新作『ミラベルと魔法だらけの家』のサウンドトラックから先週50位に初登場した「秘密のブルーノ」がランクイン。昨年のクリスマスにディズニープラスで独占配信が開始され、週間ストリーミングは102%増加の2,520万回に急増。今週のStreaming Gainerを獲得して、ストリーミング・チャートでは35位から1位に上り詰めた。セールス・チャートでも、42%増加の7,300を記録して10位から6位に最高位を更新している。
 同曲のヒットもあり、『ミラベルと魔法だらけの家』のサウンドトラックは今週のアルバム・チャート“Billboard 200”で1位を獲得(72,000ユニット)。アニメーション映画のサウンドトラックとしては6作目、ディズニー作品としては、2019年12月にトップに立った『アナと雪の女王2』以来2年1か月ぶり、5作目のNo.1に輝いた。
 ディズニー・アニメーション映画のサウンドトラックからHot 100にTOP10入りしたのは、2014年に最高5位をマークしたイディナ・メンゼルの「レット・イット・ゴー」以来約8年ぶりで、以下のタイトルに続く5曲目のランクインとなる。なお、同曲に参加した6組のキャスト陣にとってはいずれも初のTOP10入り。
1位 ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル「ホール・ニュー・ワールド」(1993年)『アラジン』より
4位 エルトン・ジョン「愛を感じて」(1994年)『ライオン・キング』より
4位 ヴァネッサ・ウィリアムス「風の色」(1995年) 『ポカホンタス』より
5位 イディナ・メンゼル「レット・イット・ゴー」(2014年) 『アナと雪の女王』より
 「秘密のブルーノ」は、アメリカの作曲家リン=マニュエル・ミランダが手掛けた曲だが、3位にランクインしたグラス・アニマルズの「ヒート・ウェイヴス」もメンバーのデイヴ・ベイリーが単独で曲を書いていて、今週はTOP5に2曲も1人のソングライターにより作られた曲がランクインするという珍しいチャート・アクションが起きた。
 6位は、先週の12位からリル・ナズ・X&ジャック・ハーロウの「インダストリー・ベイビー」が再TOP10入りし、R&B/ヒップホップ・ソング・チャートで18週目、ラップ・ソング・チャートでは19週目の首位を獲得した。続いて7位には、先週の20位からエルトン・ジョン&デュア・リパの「コールド・ハート(プナウ・リミックス)」がジャンプアップして、最高位更新とTOP10入りを果たしている。
 「コールド・ハート(プナウ・リミックス)」は、エアプレイが6%増加の5,210万回、ストリーミングが18%増加の1,000万回、セールスは53%増加の13,300にそれぞれ上昇し、デジタル・ソング・セールス・チャートでは今週のSales Gainerを獲得して5位から1位に浮上した。セールス・チャートでの首位獲得は、デュア・リパにとって昨年の年間チャートを制した「レヴィテイティング」に続く2曲目で、エルトン・ジョンは初のタイトル。
 Hot 100でのTOP10入りは、デュア・リパが「ニュー・ルールズ」(2018年 / 6位)、「ドント・スタート・ナウ」(2020年 / 2位)、「レヴィテイティング」(2021年 / 2位)に続く4曲目で、エルトン・ジョンは1997年10月から1998年1月にかけてランクインした自身9曲目のNo.1ヒット「キャンドル・イン・ザ・ウインド」/「サムシング・アバウト・ザ・ウェイ・ ユールック・トゥナイト」以来23年11か月2週間ぶり、通算28曲目のランクインとなる。TOP10入りの歴代最長ブランク記録は、2週前にザ・ロネッツが「ビー・マイ・ベイビー」から「そり滑り」で達成した58年2か月で、ホリデー・ソング以外の曲では、ドビー・グレイの「ドリフト・アウェイ」(1973年~2003年) が30年2か月という記録を打ち出している。
 TOP10入り曲数の歴代記録上位は以下のアーティストで、エルトン・ジョンはマライア・キャリー、スティーヴィー・ワンダーと6位タイとなる。
54曲 ドレイク
38曲 マドンナ
34曲 ザ・ビートルズ
31曲 リアーナ
30曲 マイケル・ジャクソン
28曲 エルトン・ジョン
28曲 マライア・キャリー
29曲 テイラー・スウィフト
28曲 スティーヴィー・ワンダー
27曲 ジャネット・ジャクソン
 また、エルトン・ジョンはこれで 1970年代、80年代、90年代、2020年代の40年代にわたりTOP10入りした10組目のアーティストとしても記録を更新した。なお、歴代最多は50年代を記録したマイケル・ジャクソンで、ジャクソン5の記録を含めると60年代にわたりTOP10入りしたことになる。
マイケル・ジャクソン:70年代、80年代、90年代、00年代、10年代
マライア・キャリー:90年代、00年代、10年代、20年代
ジェイ・Z:90年代、00年代、10年代、20年代
エルトン・ジョン:70年代、80年代、90s年代、20年代
アンディ・ウィリアムス:50年代、60年代、70年代、20年代
ホイットニー・ヒューストン:80年代、90年代、00年代、10年代
マドンナ:80年代、90年代、00年代、10年代
エアロスミス:70年代、80年代、90年代、00年代
シェール:60年代、70年代、80年代、90年代
バーブラ・ストライザンド:60年代、70年代、80年代、90年代
 エルトン・ジョンの初めてTOP10入りしたのは、日本でも知名度の高い「僕の歌は君の歌」がランクインした1971年1月23日付チャートで、今週までの期間を51年11か月3週間に更新した。歴代最長記録は、先週アンディ・ウイリアムスの「イッツ・ザ・モスト・ワンダフル・タイム・オブ・ザ・イヤー」が更新した62年3か月だが、ホリデー・ソングでの功績を除くと、今週エルトン・ジョンが打ち出した記録が歴代トップとなる。
 8位は、先週の19位からエド・シーランの「バッド・ハビッツ」が、9位はドージャ・キャットの「ニード・トゥ・ノウ」が先週の14位から、それぞれTOP10に返り咲いている。
 先週20位から10位に、今週3曲目のTOP10入りを果たしたのは、コダック・ブラックの新曲「スーパー・グレムリン」。週間2,270万回を記録して、ストリーミング・チャートでは9位から2位にTOP3入りを果たし、エアプレイも前週比63%増加の450万回に上昇させている。TOP10入りは、最高6位を記録したブレイク曲「トンネル・ビジョン」(2017年)、自己最高位の2位をマークした「ZEZE feat.トラヴィス・スコット&オフセット」(2018年)に続く3曲目、約3年ぶりのランクインとなる。
 次週は、ザ・ウィークエンドの新作『ドーンFM』の収録曲が上位にランクインすることが予想される。

Text: 本家 一成
※関連リンク先の米ビルボード・チャートは1月14日以降掲載予定となります。
◎【Hot 100】トップ10
1位「イージー・オン・ミー」アデル
2位「ステイ」ザ・キッド・ラロイ&ジャスティン・ビーバー
3位「ヒート・ウェイヴス」グラス・アニマルズ
4位「シヴァーズ」エド・シーラン
5位「秘密のブルーノ」Carolina Gaitan、Mauro Castillo、Adassa、Rhenzy Feliz、Diane Guerrero、Stephanie Beatriz、Encanto - Cast
6位「インダストリー・ベイビー」リル・ナズ・X&ジャック・ハーロウ
7位「コールド・ハート(プナウ・リミックス)」エルトン・ジョン&デュア・リパ
8位「バッド・ハビッツ」エド・シーラン
9位「ニード・トゥ・ノウ」ドージャ・キャット
10位「スーパー・グレムリン」コダック・ブラック

あわせて読みたい

  • 【米ビルボード・ソング・チャート】マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」通算6週目の首位、ワム!「ラスト・クリスマス」TOP10入り

    【米ビルボード・ソング・チャート】マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」通算6週目の首位、ワム!「ラスト・クリスマス」TOP10入り

    Billboard JAPAN

    12/21

    【米ビルボード・ソング・チャート】カーディ・B&ミーガン・ジー・スタリオン首位返り咲き、ザ・ウィークエンド記録更新中

    【米ビルボード・ソング・チャート】カーディ・B&ミーガン・ジー・スタリオン首位返り咲き、ザ・ウィークエンド記録更新中

    Billboard JAPAN

    9/15

  • 【米ビルボード・ソング・チャート】ダベイビー&ロディ・リッチ7週目の首位、ドレイクTOP10ランクイン楽曲数の歴代記録更新

    【米ビルボード・ソング・チャート】ダベイビー&ロディ・リッチ7週目の首位、ドレイクTOP10ランクイン楽曲数の歴代記録更新

    Billboard JAPAN

    7/28

    【米ビルボード・ソング・チャート】リゾ2週連続首位、ポスト・マローン×ドージャ・キャットTOP10返り咲き

    【米ビルボード・ソング・チャート】リゾ2週連続首位、ポスト・マローン×ドージャ・キャットTOP10返り咲き

    Billboard JAPAN

    8/2

  • 【米ビルボード・ソング・チャート】アデル「イージー・オン・ミー」通算9週目の首位、ガンナ&フューチャー/ゲイルがTOP10入り

    【米ビルボード・ソング・チャート】アデル「イージー・オン・ミー」通算9週目の首位、ガンナ&フューチャー/ゲイルがTOP10入り

    Billboard JAPAN

    1/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す