<ライブレポート>Kitriが2人で、そして心強い仲間を伴って魅せた音楽家としての強さ

2021/12/28 13:47

 アンコールを求める拍手に応え、三度4人が登場。最後の最後に選ばれたのは、メジャーデビュー第1弾EPの冒頭に据えられたタイトル曲「羅針鳥」だった。ダウナーでクラシカルなアレンジの楽曲にギターとチェロが加わることでポップスとしての明度が増しながらも、「ここからはじめまして あなたは羅針の鳥」「ひたすら胸の中の音を頼りに飛んでいけ」という歌詞の背中を押す強さは変わらない。KitriはKitriで、4人は4人で音楽を奏で続ける。あなたはあなたのまま飛んでいけと、音楽は全ての人のものなのだから時にそれを羽にしてと。「いつまでもここにいたい。終わらないでほしい」という怠惰に溺れる自分の頬をつねられた気分だった。

あわせて読みたい

  • Kitri、欅坂46もカバーしたワンマンライブ【木鳥と羊毛】音楽性の広がりを見せつける

    Kitri、欅坂46もカバーしたワンマンライブ【木鳥と羊毛】音楽性の広がりを見せつける

    Billboard JAPAN

    2/17

    ピアノ連弾ユニット・Kitri、本日1/23リリースの1stEP『Primo』より「細胞のダンス」MV公開

    ピアノ連弾ユニット・Kitri、本日1/23リリースの1stEP『Primo』より「細胞のダンス」MV公開

    Billboard JAPAN

    1/23

  • Kitri、フラワーカンパニーズ「深夜高速」のカヴァー動画公開

    Kitri、フラワーカンパニーズ「深夜高速」のカヴァー動画公開

    Billboard JAPAN

    12/25

    <ライブレポート>“自由に佇む”Kitriの秘めやかな音楽会は続く

    <ライブレポート>“自由に佇む”Kitriの秘めやかな音楽会は続く

    Billboard JAPAN

    6/30

  • Kitri、1stアルバム『Kitrist』の全貌および最新ビジュアル解禁

    Kitri、1stアルバム『Kitrist』の全貌および最新ビジュアル解禁

    Billboard JAPAN

    12/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す