【深ヨミ】JO1『WANDERING』がハーフミリオン越えで自己最高記録、シングルの販売動向を調査

2021/12/27 11:55

【深ヨミ】JO1『WANDERING』がハーフミリオン越えで自己最高記録、シングルの販売動向を調査
【深ヨミ】JO1『WANDERING』がハーフミリオン越えで自己最高記録、シングルの販売動向を調査


 2021年12月27日付のBillboard JAPAN週間“Top Singles Sales”で、JO1『WANDERING』が516,603枚を売り上げ、首位を獲得した(集計期間2021年12月13日~2021年12月19日)。
 『WANDERING』は前作『STRANGER』から約4カ月ぶりに発売された5枚目のシングルで、「僕らの季節」「Prologue」のダブル表題曲となっている。本作はJO1にとって初めてのハーフミリオン越えの作品となった。
 ここでは『WANDERING』を含むJO1のシングルについてSoundScanJapanのデータを使用し調査してみた。まず、JO1がリリースしたシングル『PROTOSTAR』、『STARGAZER』『CHALLENGER』、『STRANGER』、『WANDERING』の初週の販路別(実店舗とEコマース)の販売数をグラフ化したものが図1(http://www.billboard-japan.com/d_news/image/107245/2)である。
 全体的な傾向を見ると、実店舗での売り上げはデビュー作『PROTOSTAR』が最も高く、その後2作は減少傾向だったが、前作『STRANGER』で増加傾向に転じ、今作『WANDERING』では更に販売数を伸ばしている。これは、新型コロナウイルスの感染拡大に影響されていると考えられる。ここに挙げた作品のうち『PROTOSTAR』は最初の緊急事態宣言より前のリリースだったが、2作目以降は緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、実店舗に行き、CDを購入する事が非常に困難な状況だった事が窺える。そして、新規感染者がピークの頃よりもかなり減少している現在、『WANDERING』の実店舗の販売数は『PROTOSTAR』と同等となるほど盛り返している。
 一方、Eコマースの販売数を見ると、こちらは新作を出す度に前作の記録を更新し続けている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、実店舗で購入できずにEコマースで購入したというケースも多いだろうが、特に今作『WANDERING』においては『PROTOSTAR』と比較すると2倍以上に販売数を伸ばしている。『PROTOSTAR』と『WANDERING』の実店舗の販売数は、ほぼ同等である事から、着実に人気を獲得している事が予想される結果となった。
 ハーフミリオン越えで自己最高記録もクリアし、勢いに乗るJO1から目が離せない。

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】JO1『WANDERING』初週51.6万枚でシングル・セールス首位、自己最高記録に

    【ビルボード】JO1『WANDERING』初週51.6万枚でシングル・セールス首位、自己最高記録に

    Billboard JAPAN

    12/21

    【先ヨミ】JO1『WANDERING』43.4万枚で現在シングル1位

    【先ヨミ】JO1『WANDERING』43.4万枚で現在シングル1位

    Billboard JAPAN

    12/17

  • 【深ヨミ】コロナウィルスによりCDアルバムセールスはどのような影響を受けているのか

    【深ヨミ】コロナウィルスによりCDアルバムセールスはどのような影響を受けているのか

    Billboard JAPAN

    4/13

    【先ヨミ】JO1『STRANGER』が28.4万枚で現在シングル1位、自身最高の初動スタート

    【先ヨミ】JO1『STRANGER』が28.4万枚で現在シングル1位、自身最高の初動スタート

    Billboard JAPAN

    8/19

  • 【深ヨミ】ストリーミングで無敵の強さを見せるOfficial髭男dism CDセールスの動向を調査

    【深ヨミ】ストリーミングで無敵の強さを見せるOfficial髭男dism CDセールスの動向を調査

    Billboard JAPAN

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す