【米ビルボード・アルバム・チャート】アデル『30』4週連続首位、ジュース・ワールド遺作第二弾が2位に続く

2021/12/20 14:26

【米ビルボード・アルバム・チャート】アデル『30』4週連続首位、ジュース・ワールド遺作第二弾が2位に続く
【米ビルボード・アルバム・チャート】アデル『30』4週連続首位、ジュース・ワールド遺作第二弾が2位に続く


 アデルの『30』が4週目の1位を獲得した、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。
 1位に初登場した12月4日付チャートから、今週で4週連続首位をキープした『30』。2021年にリリースされたアルバムで初登場から4週連続を記録したのは、1月23日から3月27日付チャートまで10週をマークしたモーガン・ウォレンの『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』以来2作目の快挙で、女性アーティストの作品では、昨年の8月8日から9月12日付チャートまで6週(通算記録は8週)を記録した、テイラー・スウィフトの『フォークロア』以来となる。
 なお、非連続記録を含めると、『30』と『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』以外には、ドレイクの 『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』(5週)、オリヴィア・ロドリゴの『サワー』(5週)の2作が、2021年で4週以上首位を獲得している。
 『30』が今週獲得したユニット数は183,000で、そのうちアルバム・セールスが146,500(2%減少)、アルバム・ストリーミング(SEA)が35,000(19%減少)、トラックごとのユニット(TEA)が1,500(15%減少)だった。週間ストリーミングは4,730万回を記録している。登場4週目で18万ユニットを超えたのは、2018年8月4日付チャートでドレイクの『スコーピオン』が打ち出した184,000以来、約3年4か月ぶりで、過去3年間での最高記録を更新した。
 続いて2位には、故ジュース・ワールドの遺作第二弾『ファイティング・ディーモンズ』が初登場。初動ユニットは119,000で、そのうちアルバム・ストリーミングが110,000、トラックごとのユニットが5,000、アルバム・セールスはわずか4,000だった。週間ストリーミングは、全18曲で1億5,549万回を記録している。
 ジュース・ワールドは、これで最高4位を記録したデビュー・アルバム『グッドバイ&グッド・リダンス』(2018年)、自身初のNo.1に輝いた2ndアルバム『デス・レース・フォー・ラヴ』(2019年)、昨年7月に初登場から2週連続で1位をキープした3rdアルバム『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』(2020年)の4作連続、フューチャーとコラボレーションしたミックステープ『Wrld on Drugs』(2018年 / 2位)を含めると、通算5作目のTOP10入りを果たした。
 テイラー・スウィフトの『レッド(テイラーズ・ヴァージョン)』(68,000ユニット)は2位から3位にダウンしたが、1位に初登場した11月27日付チャートから今週まで5週連続でTOP10をキープ。再録盤の記録としては、今年の4月から10月までに4週を記録した『フィアレス(テイラーズ・ヴァージョン)』を上回る自己最長記録を更新した。
 先週4位にダウンしたマイケル・ブーブレの『クリスマス』は、今週も同位にランクインし、週間ユニットも前週から7%増加の64,000に上昇している。その他のホリデー・アルバムも、先週8位にTOP10復帰したマライア・キャリーの『メリー・クリスマス』(45,000ユニット / 11%増加)が7位に、ヴィンス・ガラルディ・トリオの『スヌーピーのメリークリスマス』(44,500ユニット / 15%増加)も8位に、最高位を更新している。次週の集計はクリスマス・ウィークということで、この3作の上昇はもちろん、他の作品もTOP10にランクインする可能性が高い。
 ホリデー・アルバムの他には、前述のオリヴィア・ロドリゴの『サワー』(60,000ユニット / 18%増加)が5位、モーガン・ウォレンの『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』(45,000ユニット / 6%減少)が6位をぞれぞれキープ。ドレイクの 『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』(44,000ユニット / 5%減少)は7位から9位に、デラックス盤のリリース効果で先週3位に再ランクインしたポロ・Gの『ホール・オブ・フェイム』は、45%減少の43,000ユニットまで数字を落とし、10位に急落した。

Text: 本家 一成
※関連リンク先の米ビルボード・チャートは12月24日以降掲載予定となります。
◎【Billboard 200】トップ10
1位『30』アデル
2位『ファイティング・ディーモンズ』ジュース・ワールド
3位『レッド(テイラーズ・ヴァージョン)』テイラー・スウィフト
4位『クリスマス』マイケル・ブーブレ
5位『サワー』オリヴィア・ロドリゴ
6位『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』モーガン・ウォレン
7位『メリー・クリスマス』マライア・キャリー
8位『スヌーピーのメリークリスマス』ヴィンス・ガラルディ・トリオ
9位『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』ドレイク
10位『ホール・オブ・フェイム』ポロ・G

あわせて読みたい

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】アデル『30』が2週連続首位、マイケル・ブーブレ『クリスマス』が3位へ上昇

    【米ビルボード・アルバム・チャート】アデル『30』が2週連続首位、マイケル・ブーブレ『クリスマス』が3位へ上昇

    Billboard JAPAN

    12/6

    【米ビルボード・アルバム・チャート】『ミラベルと魔法だらけの家』サントラ4週目のNo.1、ザ・ウィークエンド最新作2位へ再浮上

    【米ビルボード・アルバム・チャート】『ミラベルと魔法だらけの家』サントラ4週目のNo.1、ザ・ウィークエンド最新作2位へ再浮上

    Billboard JAPAN

    2/7

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】バッド・バニー『Un Verano Sin Ti』通算8週目の首位、ヤング・ボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン/エミネムがTOP10デビュー

    【米ビルボード・アルバム・チャート】バッド・バニー『Un Verano Sin Ti』通算8週目の首位、ヤング・ボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン/エミネムがTOP10デビュー

    Billboard JAPAN

    8/16

    【米ビルボード・アルバム・チャート】『ミラベルと魔法だらけの家』サントラ首位返り咲き、ザ・ルミニアーズ4作連続のTOP10入り

    【米ビルボード・アルバム・チャート】『ミラベルと魔法だらけの家』サントラ首位返り咲き、ザ・ルミニアーズ4作連続のTOP10入り

    Billboard JAPAN

    1/24

  • 【米ビルボード・アルバム・チャート】バッド・バニー『Un Verano Sin Ti』通算6週目の首位、リゾが2位に続く

    【米ビルボード・アルバム・チャート】バッド・バニー『Un Verano Sin Ti』通算6週目の首位、リゾが2位に続く

    Billboard JAPAN

    7/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す