乃木坂46、生田絵梨花のソロ曲&新内眞衣のソロ曲&アンダー曲のMV予告編公開

2021/12/10 10:11

乃木坂46、生田絵梨花のソロ曲&新内眞衣のソロ曲&アンダー曲のMV予告編公開
乃木坂46、生田絵梨花のソロ曲&新内眞衣のソロ曲&アンダー曲のMV予告編公開


 乃木坂46が、2021年12月15日にリリースするベストアルバム『Time flies』完全生産限定盤・初回仕様限定盤より、新曲3曲のミュージックビデオ予告編を公開した。
 生田絵梨花が最後となるソロ作品「歳月の轍」のMVは、東市篤憲が監督として指揮を執り、10月下旬に東京国際クルーズターミナルの客船が行き来する海の玄関口で「旅立ち」をテーマに撮影が行われた。実際に本人がピアノを弾き、リップシンクは何テイクか撮影する予定だったものの、1回目の撮影で生田の目から涙が溢れ、「これを超えられるものは撮れないだろう」という判断のもと、1テイク目で終了。また撮影終盤では、生田が今までの歩みを見ているシーンを撮影すると本人に説明するも、実際にはメンバーから自撮りのコメントが映し出され、生田は泣きながら、ひとつひとつ頷いていたとのこと。
 新内眞衣の最初で最後となるソロ作品「あなたからの卒業」のMVは、伊藤衆人が監督として指揮を執り、10月下旬頃にニッポン放送の協力のもと、実際のスタジオで撮影が行われた。新内本人がパーソナリティー、そしてリスナー役も演じており、トークの部分は全て本人が原稿を書き、リスナー役としては14種類の衣装を着こなした。また曲が終わった後のラストシーンには、本人が途中言葉に詰まりながらも話している様子が全てノーカットで収録されている。
 アンダー曲「Hard to say」のMVは、10月中旬から下旬にかけ、様々な所で撮影を敢行。現アンダーメンバーだけでなく、これまでアンダーメンバーを経験したことがあるメンバーも全員参加しており、過去の自分を思い出す事がテーマとなった。それぞれ記憶に残っている場所を訪れ、ロケ地は全て14か所となった。

◎映像
乃木坂46『歳月の轍』予告編
YouTubeにて公開
https://youtu.be/mJL_okQqzcg
乃木坂46『あなたからの卒業』予告編
YouTubeにて公開
https://youtu.be/PHKoVvMAahI
乃木坂46『Hard to say』予告編
YouTubeにて公開
https://youtu.be/wFqlLLMDhCk
◎リリース情報
アルバム『Time flies』
2021/12/15 RELEASE
<完全生産限定盤(3CD+Blu-ray+付属品)>
SRCL-12020~12024 / 8,500円(tax in.)
<初回仕様限定盤(3CD+Blu-ray)>
SRCL-12025~12028 / 7,000円(tax in.)
<通常盤(2CD)>
SRCL-12029~12030 / 3,500円(tax in.)
<Sony Music Shop限定 10周年記念 メンバーカスタムジャケット盤(2CD)>
SRC7-20~21 / SRC7-22~23 / ・・・ / SRC7-90~91 / SRC7-92~93
3,500円(tax in.)

あわせて読みたい

  • 乃木坂46、生田絵梨花がラストセンター「最後のTight Hug」MV公開 旅立つ者への気持ちを踊りで

    乃木坂46、生田絵梨花がラストセンター「最後のTight Hug」MV公開 旅立つ者への気持ちを踊りで

    Billboard JAPAN

    11/16

    乃木坂46、ベストアルバム『Time flies』詳細発表 約150分ドキュメンタリーやメンバー生写真なども

    乃木坂46、ベストアルバム『Time flies』詳細発表 約150分ドキュメンタリーやメンバー生写真なども

    Billboard JAPAN

    11/19

  • 乃木坂46 新作『太陽ノック』ペアPV予告編を一挙大量公開

    乃木坂46 新作『太陽ノック』ペアPV予告編を一挙大量公開

    Billboard JAPAN

    7/8

    乃木坂46『インフルエンサー』45名分の個人PV収録! 予告編の一挙公開も

    乃木坂46『インフルエンサー』45名分の個人PV収録! 予告編の一挙公開も

    Billboard JAPAN

    3/16

  • 『乃木坂46のオールナイトニッポン』新曲ラジオフル解禁&歌詞朗読企画も実施

    『乃木坂46のオールナイトニッポン』新曲ラジオフル解禁&歌詞朗読企画も実施

    Billboard JAPAN

    12/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す