サンタナ、全米No.1作『サンタナ?』のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤が11/24発売決定

2021/10/22 14:10

サンタナ、全米No.1作『サンタナ?』のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤が11/24発売決定
サンタナ、全米No.1作『サンタナ?』のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤が11/24発売決定


 サンタナが1971年に発表したサード・アルバム『サンタナ?』の発売50周年を記念し、世界初登場となるSA-CDマルチ・ハイブリッド盤が2021年11月24日に発売されることが決定した。昨年発売の『サンタナ』『天の守護神』に続く、日本独自企画のサンタナ50thアニヴァーサリー・シリーズ第3弾となる。
 1969年の【ウッドストック・フェスティバル】における衝撃のパフォーマンスと同年発売されたデビュー・アルバム『サンタナ』のヒットで瞬く間に世界的人気バンドとなったサンタナ。翌70年にはシングル「ブラック・マジック・ウーマン」が大ヒット、セカンド・アルバム『天の守護神』(原題:Abraxas)は全米チャート1位と共にミリオン・セールスを記録した。そんな破竹の勢いに乗ったサンタナが、またしても全米チャート1位を獲得したのが本作『サンタナ?』だ。そして、翌72年に登場したのが当時としては画期的な4chサラウンド・ミックス=クアドラフォニック盤である。
 ラテン、アフロのリズムを縦横無尽に取り入れ、ロックの新たな地平を切り開いたサンタナは、後にジャーニーを結成することになる当時弱冠17歳のニール・ショーン(G)が加入し7人編成となった。その効果はすぐさま現れ、カルロス・サンタナとのツイン・ギターで全体のアンサンブルには厚みが増し、サンタナ史上最もアグレッシヴでハードなギター・サウンドが聴けるなど、まさにサンタナのラテン・ロックが極みに達した作品となった。それが4チャンネルでミックスされることにより、聴き手を取り囲んで演奏しているような迫力の臨場感を生み、各メンバーのフレーズやプレイのニュアンスも楽器ごとに明瞭に聴き取ることがきでる。また、全体的にリヴァーブ(残響)を強めにしていることで、初期サンタナ特有の官能的で野生味溢れる躍動感がより怪しげに響いてくるなど、ステレオ盤とは異次元のサウンドスケープとなっている。
 米CBSが開発し1972年から生産開始されたクアドラフォニック(SQ方式)は、当時多くの作品が日本でも発売されていたが、それほど普及せずに70年代後半に入ると生産は終了した。CD時代になって登場した新たなオーディオ・フォーマットであるDTSやSA-CDでも本作のサラウンド・ミックスは過去一度も発売されていないため、ファンの間では超希少ミックス盤として知られている。今回、オリジナル・4chミックス・マスター音源を日本のソニー・ミュージックスタジオにて世界で初めてDSDマスタリングを施し、CD層もSA-CDのDSDステレオ・マスターをPCMに変換した最新リマスター盤となっている。パッケージは日本盤クアドラフォニックLPを精巧にリサイズした7インチ紙ジャケット仕様で、本作からカットされた日本盤アナログ・シングル・ジャケットや1971年アルバム発売時の海外オリジナル広告ミニ・ポスターなどを復刻している。
◎リリース情報
アルバム『サンタナ?ーSA-CDマルチ・ハイブリッド・エディションー』
2021/11/24 RELEASE
SICP 10138 / 4,850円(tax incl.)

あわせて読みたい

  • ジェフ・ベック『ワイアード』発売40周年記念、世界初登場のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤本日リリース

    ジェフ・ベック『ワイアード』発売40周年記念、世界初登場のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤本日リリース

    Billboard JAPAN

    11/2

    ハービー・ハンコック、名盤『ヘッド・ハンターズ』のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤が9/9に発売

    ハービー・ハンコック、名盤『ヘッド・ハンターズ』のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤が9/9に発売

    Billboard JAPAN

    7/22

  • 『麒麟がくる』OSTが2/24に2タイトル同時発売

    『麒麟がくる』OSTが2/24に2タイトル同時発売

    Billboard JAPAN

    1/20

    ザ・ローリング・ストーンズ、『サタニック・マジェスティーズ』50周年記念盤の発売決定

    ザ・ローリング・ストーンズ、『サタニック・マジェスティーズ』50周年記念盤の発売決定

    Billboard JAPAN

    8/1

  • 歴史的名盤『つづれおり』の見方、聴き方

    歴史的名盤『つづれおり』の見方、聴き方

    週刊朝日

    9/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す