コーデー、強力なニュー・シングル「Super」のMV公開

2021/10/13 14:27

コーデー、強力なニュー・シングル「Super」のMV公開
コーデー、強力なニュー・シングル「Super」のMV公開


 【グラミー賞】に2度ノミネートされた経歴を持つラッパーのコーデーが、強力なニュー・シングル「Super」をリリースした。
 長年のコラボレーターであるキッド・カルチャー(ジャスティン・ビーバー、エド・シーラン)がプロデュースし、ジェニウスが共同プロデュースを担当した同曲はコーデーの年内発売予定の待望のニュー・アルバム『From A Bird's Eye View』に先駆けてリリースされた。また、Riveting Entertainmentのアラッドが監督した公式ミュージック・ビデオもYouTubeにて公開中だ。
 来たる『From A Bird's Eye View』は、コーデーのマイルストーンとなる2019年のデビュー・アルバム『The Lost Boy』に続く待望の作品になる。全世界で4億3,000万回以上のストリーミングを記録しているこのフル・レングス・プロジェクトは、米メリーランドを拠点とするラッパーにとって真のブレイクスルーを証明し、Billboard、Complex、Stereogum、High Snobiety、New York Timesなどの著名な全米メディアから絶賛される中、【グラミー賞】の<最優秀ラップ・アルバム>賞にもノミネートされた作品である。
 『The Lost Boy』は、RIAAゴールド認定を受けたリード・シングル「Have Mercy」やゴールド認定を受けたアンダーソン・パークとのコラボ曲「RNP」、「Broke As F**k」、そして「Bad Idea Feat. チャンス・ザ・ラッパー」などのヒット曲があり、後者は名誉ある【グラミー賞】の<ベスト・ラップ・ソング>にノミネートされ、YouTubeで850万回近い再生回数を誇るミュージック・ビデオも公開されている。
 2020年には、「Gifted Feat. ロディー・リッチ」をはじめとする数々の新曲をリリースし、高い評価を得ている。この曲には、コール・ベネットが監督したミュージック・ビデオが収録されており、ヒップホップ界のプラットフォームLyrical Lemonadeでストリーミング配信されている。
 また今年、コーデーは、若手アーティストの育成を目的とした完全独立型のレーベル「Hi Level」を立ち上げるなど、いまだ発展途上にある彼のキャリアを大きく前進させている。最近では、BAPER x Coachの新キャンペーンで主演を務めたほか、ESPNのThe Undefeatedから発売され、高い評価を得ているEPシリーズの第3弾『Liberated/Music For The Movement Vol.3』に収録された「What's Life」でコモンとコラボレーションしていた。
 さらにコーデーは、ディズニーやESPNと提携してHBCUの学生のための奨学金を支援するとともに、バラック&ミシェル・オバマとケニア・バリスが製作総指揮を務めるNetflixの画期的なシリーズ『We The People』にも声を提供していた。
◎リリース情報
配信シングル「Super」
2021/10/7 RELEASE
https://Japan.lnk.to/CordaeSUPERPu

あわせて読みたい

  • ニッキー・ミナージュ、リリースから10年を経て「Super Bass」がRIAAによってダイアモンド認定

    ニッキー・ミナージュ、リリースから10年を経て「Super Bass」がRIAAによってダイアモンド認定

    Billboard JAPAN

    11/11

    カーディ・B、J.バルヴィン&バッド・バニーとタッグを組んだ「アイ・ライク・イット」がダイアモンド認定

    カーディ・B、J.バルヴィン&バッド・バニーとタッグを組んだ「アイ・ライク・イット」がダイアモンド認定

    Billboard JAPAN

    12/14

  • コラム:ヒップホップと【グラミー賞】の希薄な関係

    コラム:ヒップホップと【グラミー賞】の希薄な関係

    Billboard JAPAN

    12/7

    【ブリット・アワード2022】ノミネーション発表、アデル/エド・シーラン/デイヴ/リトル・シムズが最多4部門の候補に

    【ブリット・アワード2022】ノミネーション発表、アデル/エド・シーラン/デイヴ/リトル・シムズが最多4部門の候補に

    Billboard JAPAN

    12/20

  • 【第63回グラミー賞】候補発表、ビヨンセが最多の9部門にノミネート

    【第63回グラミー賞】候補発表、ビヨンセが最多の9部門にノミネート

    Billboard JAPAN

    11/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す