デミ・ロヴァート、薬物依存症との闘いの末に亡くなった友人に捧げる新曲を公開

2021/10/12 13:49

デミ・ロヴァート、薬物依存症との闘いの末に亡くなった友人に捧げる新曲を公開
デミ・ロヴァート、薬物依存症との闘いの末に亡くなった友人に捧げる新曲を公開


 現地時間2021年10月9日、デミ・ロヴァートが、2019年10月に薬物依存症との闘いの末に亡くなった友人でモデルのThomas Trussel IIIに捧げるエモーショナルな新曲「Unforgettable (Tommy's Song)」を自身のSNSに投稿した。
 「およそ2年前、自分にとって本当に大切だった人を亡くしました。彼の名はトミーで、とても美しく、特別な人でした」と投稿のキャプションに綴ったデミは、「彼が薬物依存症との闘いに負けてしまったと知った翌日にこの曲を書きました。この病いは、非常にずる賢く、パワフルです」と続けた。
 薬物依存症に苦しめられてきた過去を公表してきたデミは、ライアン・ハンプトンが設立した依存症更生を目的とする非営利団体The Voices Projectの活動に曲のすべての収益が役立てられることを付け加えている。またデミは、依存症の問題を抱えている人々に米薬物乱用・精神衛生管理庁の相談ヘルプラインに電話をすることを促した。
 2019年にトミーが亡くなった際、デミは彼の写真を投稿し「ひどく打ちのめされています。愛する人々をぎゅっと抱きしめて下さい。その人が特別で、愛していることを伝えてあげてください。それを彼らがわかるようにしてあげてください。安らかに眠ってください、私の愛する人」とメッセージを送っていた。
 今年、デミは2018年の自身のオーバードーズについてのYouTube Originalsドキュメンタリー・シリーズ『Dancing with the Devil』とそのコンパニオン・アルバムを発表していた。同アルバムのタイトル曲のMVの中で、デミはオーバードーズ後に病院に搬送された際の様子を再現していた。このMVを撮影することでカタルシスと“癒し”を感じたと言うデミは、同時に自身の人生において最も暗い瞬間を再び体験したことにより、撮影現場で取り乱してしまったと明かしていた。

あわせて読みたい

  • デミ・ロヴァート、搬送先の病院からリハビリ施設へ

    デミ・ロヴァート、搬送先の病院からリハビリ施設へ

    Billboard JAPAN

    8/7

    デミ・ロヴァート、薬物の過剰摂取が報じられてから初の声明でファンに感謝

    デミ・ロヴァート、薬物の過剰摂取が報じられてから初の声明でファンに感謝

    Billboard JAPAN

    8/6

  • デミ・ロヴァート、リハビリ施設を退所し約3か月半ぶりにインスタを更新

    デミ・ロヴァート、リハビリ施設を退所し約3か月半ぶりにインスタを更新

    Billboard JAPAN

    11/7

    デミ・ロヴァート、自身の健康問題を明かしたドキュメンタリー・シリーズ予告編にアーティスト仲間が反応

    デミ・ロヴァート、自身の健康問題を明かしたドキュメンタリー・シリーズ予告編にアーティスト仲間が反応

    Billboard JAPAN

    2/22

  • デミ・ロヴァートが病院に搬送、原因はヘロインの過剰摂取か

    デミ・ロヴァートが病院に搬送、原因はヘロインの過剰摂取か

    Billboard JAPAN

    7/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す