松本隆『風街であひませう』、アナログレコード化が決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松本隆『風街であひませう』、アナログレコード化が決定

Billboard JAPAN
松本隆『風街であひませう』、アナログレコード化が決定

松本隆『風街であひませう』、アナログレコード化が決定


 松本隆が、2015年の作詞活動45周年時にリリースしたトリビュートアルバム『風街であひませう』のアナログレコードが、10月20日にリリースされることが決定した。

 本作は、総合サウンドプロデューサーに鈴木正人(Little Creatures)を迎え、安藤裕子、小山田荘平(ex.andymori)&イエロートレイン、草野マサムネ(スピッツ)、クラムボン、斉藤和義、手嶌葵、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、ハナレグミ、やくしまるえつこ(相対性理論)、YUKIという10組のアーティストたちが参加。さらにスペシャルトラックとして、細野晴臣、松本隆、鈴木茂の演奏によって当時新たに録音された、はっぴいえんど解散直後に残された未発表曲「の街」が特別収録されている。

 70年代の「はいからはくち」(オリジナルアーティスト:はっぴいえんど)に始まり、「SWEET MEMORIES」(オリジナルアーティスト:松田聖子)、「探偵物語」(オリジナルアーティスト:薬師丸ひろ子)「卒業」(オリジナルアーティスト:斉藤由貴)「風の谷のナウシカ」(オリジナルアーティスト:安田成美)、さらに90年代の「水中メガネ」(オリジナルアーティスト:Chappie)、2000年代の「星間飛行」(オリジナルアーティスト:ランカ・リー)まで、約半世紀に渡って生み出された名曲の数々。時代を超えて変わることのない松本隆の歌詞の持つ文学性にスポットを当てたコンセプチュアルなトリビュートアルバムの名盤として、現在でも人気の高い作品となっている。

ジャケットは、漫画家ほしよりこによるイラストレーションはそのままに、デザイン集団groovisionsによって新たにアナログレコード用にリデザインされる。2枚組重量盤(180g)仕様の生産限定盤となる。なお、本作はストリーミングでも解禁されている。

◎リリース情報
『風街であひませう
~松本隆 作詞活動四十五周年トリビュート~』
2021/10/20 RELEASE
VIJL-60251~60252 5,500円(tax in.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい