セレーナ・ゴメス、TikTokで話題の過去の自身の発言とコラボ「あなたはクールじゃないよ」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

セレーナ・ゴメス、TikTokで話題の過去の自身の発言とコラボ「あなたはクールじゃないよ」

Billboard JAPAN
セレーナ・ゴメス、TikTokで話題の過去の自身の発言とコラボ「あなたはクールじゃないよ」

セレーナ・ゴメス、TikTokで話題の過去の自身の発言とコラボ「あなたはクールじゃないよ」


 セレーナ・ゴメスが、まだディズニー・チャンネルの『ウェイバリー通りのウィザードたち』に出演していた子役時代の発言が、TikTokのネタ動画として継続的な人気を誇っている。

 これは、2007年に開催されたTeen Vogue主催の第5回【Young Hollywood Party】の会場でインタビューに応じた際に、「ブルーでキメてみたんだ!髪にはちょっとエッジが効いた、パッと目に付く感じを入れるのが好きだから、違う何かを足したかったの、Teen Vogueのパーティーだから特にね」と、まだ10代だった彼女がノリノリで髪について語っている場面だ。

 このインタビュー中の彼女の動き方や、“Teen Vogue”を強調して言っていることなどが多くのTikTokユーザーの琴線に触れたようで、Stitch機能を使ったり、デュエットしたり、リップシンクしたりと、この動画をイジって遊ぶことが1年以上前から流行り続けている。

 こうしたなか、2021年7月16日にとうとうセレーナ本人が過去の自分とTikTok動画でコラボした。28歳になった彼女は、ブルーも入っているマルチカラーのウィッグを手に、呆れた表情で過去の自分の発言をリップシンクでなぞっている。この動画に彼女は、「年下の自分へ:あなたはクールじゃないよbro」とキャプションに綴っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい