ウィズ・カリファ、新型コロナに感染したことを明かす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ウィズ・カリファ、新型コロナに感染したことを明かす

Billboard JAPAN
ウィズ・カリファ、新型コロナに感染したことを明かす

ウィズ・カリファ、新型コロナに感染したことを明かす


 ウィズ・カリファが、新型コロナウイルスに感染したことを自身のTwitterで明かした。幸いにも無症状のようだが、近しい人々に対して暫くの間、距離を置くことを求めた。

 彼は「愛するみんなへ、俺はCOVIDになってしまった。無症状だ。少しの間、俺とは距離をとってくれ」と綴っている。現時点で、彼がワクチン接種を受けたのかは不明だ。新型コロナウイルス感染症は、これまでに全米で60.8万人以上の死者を出しており、3,400万人以上が感染している。

 ウィズ・カリファは、この時間を有意義に使うことファンに約束しており、「家にいる間、みんなのために新しいコンテンツを発信したり、レイヴを計画したり、新しいプロジェクトの準備を行う予定だ」とツイートしている。昨年、人気覆面音楽バトル番組『ザ・マスクド・シンガー』のシーズン5に出演し、3位となった彼は、2018年の『Rolling Papers 2』以降、フル・アルバムを発表していない。

 過去には、ルーク・ブライアン、ジェシカ・シンプソン、トリーシャ・イヤウッド、トゥールのフロントマンであるメイナード・ジェイムス・キーナン、アシャンティ、グロリア・エステファン、ドージャ・キャット、J.バルヴィン、カニエ・ウェスト、マドンナ、スタージル・シンプソン、さらにはコロナ陰謀論を主張していたテッド・ニュージェントなどのミュージシャンが、新型コロナに感染したことを公表している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい