ブライアン・メイ、『バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~』リマスター盤より「華麗なる復活」を先行リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブライアン・メイ、『バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~』リマスター盤より「華麗なる復活」を先行リリース

Billboard JAPAN
ブライアン・メイ、『バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~』リマスター盤より「華麗なる復活」を先行リリース

ブライアン・メイ、『バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~』リマスター盤より「華麗なる復活」を先行リリース


 2021年8月6日にリリースされるブライアン・メイのリマスター・アルバム『バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~』より、2曲目の先行配信楽曲「華麗なる復活」が本日先行リリースされた。

 ライブで大盛り上がりするブライアン・メイの人気曲で、圧倒的なハード・ロック・ナンバー「華麗なる復活」(原題: Resurrection)。これはまた、決断の力と元気回復に役立つ友情コラボレーションの力を融合させた、地殻変動的な信条表明でもある。

 「華麗なる復活」は、モンスター級の力作だ。猛烈な勢い、パワー全開のドラムス、幾重にも重なったハーモニー、そして高らかに鳴り響く荘重なギター・サウンド。この「華麗なる復活」は、1992年に発売されたメイのソロ・アルバム『バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~』の中でも、特にファンの間では最高傑作と言われている。ブライアン・メイ・バンドのライブで演奏された「華麗なる復活」は、メイの奏でる壮大なシークエンス「ギター・エクストラヴェガンス」の中心にフィーチャーされており、崇敬を集めるクイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の爆発的ロック・クライマックスと肩を並べていた。1993年にシングルとして発売された「華麗なる復活」は――メイの言葉を借りれば――「聖書のような激しさ」を持つビデオと共に、全英シングル・チャートにランクインを果たしている。

 だが、この曲の起源は、宇宙的な壮大さというよりも、むしろ個人的なところにあった。歌詞には、私生活に大きな変化があった時期、目的意識と自我を再び見出そうとしていたメイの苦闘を反映。この曲の制作には、親しい友人やバンド・メンバーが極めて重要な役割を果たしていたことも証明されている。本曲のバッキング・トラックは、故コージー・パウエルの1992年のアルバム『ザ・ドラムス・アー・バック』(原題: The Drums Are Back)に、「ライド・トゥ・ウィン」(原題: Ride To Win)というタイトルのインストゥルメンタル曲として別の形で収録。「貢献を交換したんだ!」と、メイは説明する。

 「コージーが背中を押してくれたんだけれど、天からの贈り物だったよ。僕は、新たな人生を見つけようという自分の欲求を表現できる何かを探しているところだった。そしたら突然コージーが、<モノ・スタジオ>で作ったこのトラックを持ってやって来たんだ。そこは、彼の特徴である重厚なドラム・サウンドを作り上げるためのお気に入りの場所でね。そして、彼が“なあブライアン、これどう思う?僕のために演奏してくれないか?”と言ってきたんだよ。僕が“いいね、君の望みなら何でもやるよ”と答えたら、彼は“じゃあ、君のソロ・アルバムにも入れたいかい?”と聞いてきた。僕は“ああ、それはいいね”と答えて、それで全てを共有し合ったんだ。そして、即座にインスピレーションを得て、この“華麗なる復活”を書いたというわけさ」。

 熟練ロック・セッション・ミュージシャンであるドン・エイリーがキーボードに加わり、この曲に全力で取り組んだメイとパウエル。メイにとっては、クイーンの伝説的フロントマンであるフレディ・マーキュリーの死去後、自身のヴォーカリストとしての能力を占う試金石ともなった。「とことんオーバーダブを重ねたんだ」とブライアン。「恐らく、“ボヘミアン・ラプソディ”よりもオーバーダブの回数が多いんじゃないかな。僕も自分自身を追い込んでいたんだよ。自分がどこまでやれるのか、知りたいと思っていた時期だったんだ。僕は突然、フレディを喪った。今は自分で自分の歌を歌おうとしている。どれほど高い所まで行けるのか?どこまで激しくやれるのか?どれだけ幅広い声域で歌えるのか?今の僕にそれが出来るとは思わないけれど、自分が到達した場所には満足している。それはあの時、僕がたどり着かなくてはならなかった場所だったんだ」。

 厄介な最高音のレの音を出すために奮闘したことについて、メイは現在、次のように振り返る。「あそこまで出来たということが、今も信じられないよ――血の滲むような思いだった」。さらに、彼はそこで終わらなかった。ロック史上最高レベルに革新的で冒険的かつ象徴的なギター・ワークを既に確立しているにもかかわらず、メイは自らの演奏の幅を広げる方法を見出したのである。「ジョー・サトリアーニのギターを使った箇所もあるんだ――つまり、あの大きくてメタリックなジョー・サトリアーニのギターだ。すごく切れ味が良いんだよ。天井知らずに、僕はタッピングしまくっていた。普段クイーンではやらなかったことだ。クイーンはとてもメロディックだから、僕の語彙の中にタッピングという言葉はあったんだけれど、クイーンではそれを使う場所がめったになかったんだ。僕はとにかく、とことんまでやってみた。この曲は、僕のギター・プレイを推し進めるという意味でも、空に届くほど高い目標に向かって突き進んでいる。 また、この曲には、短いながらも強烈なパウエル・ドラム・ブレイクもあって、驚いたことに、それは僕の自宅スタジオ<フレンチ・ルーム>で録音したものなんだよ。コージーもまた、自分を限界まで追い込んでいたんだ」。

 今回のリイシューに際し、入手可能な最高の映像素材からリマスターを行ったビデオは、ワイルドで自由、そしてカタルシスに満ちている。ブライアン・メイ・バンドが1993年4月6日、パレス・シアターでライブを行った前後にロサンゼルスで撮影されたこのビデオでは、当時の最新コンピュータ・グラフィックスを駆使。燃え盛る炎と爆発する惑星の中で、メイとパウエルが激しい演奏を炸裂させている。「<H-Gun(・ラボ)>[※シカゴ拠点の音楽ビデオ制作会社。1980年代末~1990年代に多数の名作を世に送り出した。2001年に解散]のチームとのコラボレーションで、この曲を別の宇宙に連れて行くような映像を作ったんだ。コージーと僕はLAの映画スタジオで、化学薬品を使った焚き火に囲まれて一日を過ごした――ならず者やヒーローになったりして、すごく楽しかったよ」。

 現在この曲について語るメイは、その過剰主義的手法とメッセージを次のように支持している。「僕が自分の葬式でかけてもらいたいのは、この曲だな。恐らくね。なぜならこの曲には、抗いがたいほどの強い信念が込められているからだ。人生において行手に巨大な障害が立ちはだかった時、それを乗り越えるのに必要な、そういう信念だよ。僕はこれをとても誇りに思っている」。

◎リリース情報
配信シングル「華麗なる復活」
2021/7/16 RELEASE
https://umj.lnk.to/BrianMay_r
アルバム『バック・トゥ・ザ・ライト~光にむかって~』
2021/8/6 RELEASE
【1CD】 UICY-16011 / 1,980円(tax incl.)
【2CD】 UICY-79738/9 / 3,960円(tax incl.)
日本盤のみ1CD、2CDともにSHM-CD仕様
http://umj.lnk.to/BrianMay_bttl

Photography by Richard Gray


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい