セリーヌ・ディオンをモデルにした恋愛映画『ヴォイス・オブ・ラブ』2021年冬公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

セリーヌ・ディオンをモデルにした恋愛映画『ヴォイス・オブ・ラブ』2021年冬公開

Billboard JAPAN
セリーヌ・ディオンをモデルにした恋愛映画『ヴォイス・オブ・ラブ』2021年冬公開

セリーヌ・ディオンをモデルにした恋愛映画『ヴォイス・オブ・ラブ』2021年冬公開


 映画『ヴォイス・オブ・ラブ』が2021年冬に公開される。

 【カンヌ国際映画祭】正式出品作品である同作は、セリーヌ・ディオンをモデルにしたラブストーリー。1人の少女が世界的歌姫へと成長していく姿を描きながら、12歳のデビュー当時から密かに恋心を寄せてきたプロデューサーとの恋愛を、セリーヌの楽曲や、同時代の曲など、約30曲に乗せて描く。

 監督と脚本、主演を務めたのはヴァレリー・ルメルシエ。セリーヌの膨大な過去資料を丁寧に調べ上げ、ユーモアとフィクションを交えながら半生を忠実に再現した。

◎映画情報
『ヴォイス・オブ・ラブ』
2021年冬公開
監督・脚本:ヴァレリー・ルメルシエ
出演:
ヴァレリー・ルメルシエ
シルヴァン・マルセル
ダニエル・フィショウ
ロック・ラフォーチュン
アントワーヌ・ヴェジナ
ほか
上映時間:126分
配給:セテラ・インターナショナル

(C)Rectangle Productions/Gaumont/TF1 Films Production/De l'huile/Pcf Aline Le Film Inc./Belga


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい