犯罪多発地域メンフィスで育った少年が世界的ダンサーに、『リル・バック ストリートから世界へ』予告編 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

犯罪多発地域メンフィスで育った少年が世界的ダンサーに、『リル・バック ストリートから世界へ』予告編

Billboard JAPAN
犯罪多発地域メンフィスで育った少年が世界的ダンサーに、『リル・バック ストリートから世界へ』予告編

犯罪多発地域メンフィスで育った少年が世界的ダンサーに、『リル・バック ストリートから世界へ』予告編


 映画『リル・バック ストリートから世界へ』の予告編が公開された。

 8月20日からヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開される同作は、全米有数の犯罪多発地域メンフィスで育った少年リル・バックが1本の動画をきっかけに世界的なダンサーとなり、メンフィスの光になるまでの軌跡を映し出すドキュメンタリー。リル・バックことチャールズ・ライリーが、メンフィス発祥のストリートダンス「メンフィス・ジューキン」にのめり込み、奨学金を得てクラシックバレエに挑戦し、ヨーヨー・マとの共演映像がスパイク・ジョーンズによって投稿され、ジャネール・モネイ、マドンナらとの共演やヴィトン、ヴェルサーチ、シャネルらとのコラボなど、世界中に注目されるダンサーとなっていく。

 予告編は、少年時代のリル・バックが自ら撮影した動画からはじまり、メンフィス出身のラッパーであるアル・カポーンの「Memphis Pride」に乗せて「クリスタル・パレス」が映し出され、「俺たちは人殺しになるよりダンスがしたい」といった言葉が確認できる。

◎映画情報
『リル・バック ストリートから世界へ』
2021年8月20日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
監督:ルイ・ウォレカン
上映時間:85分
配給:ムヴィオラ

https://youtu.be/ua_j9VFNtFo

(C)2020-LECHINSKI-MACHINE MOLLE-CRATEN “JAI” ARMMER JR-CHARLES RILEY


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい