【ビルボード】ENHYPEN『BORDER : 儚い』初週23.6万枚でシングル・セールス首位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】ENHYPEN『BORDER : 儚い』初週23.6万枚でシングル・セールス首位

Billboard JAPAN
【ビルボード】ENHYPEN『BORDER : 儚い』初週23.6万枚でシングル・セールス首位

【ビルボード】ENHYPEN『BORDER : 儚い』初週23.6万枚でシングル・セールス首位


 2021年7月14日公開(集計期間:2021年7月5日~7月11日)のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”で、ENHYPENの『BORDER : 儚い』が初週236,229枚を売り上げて、首位を獲得した。

 日本人メンバーのNI-KIを含む7人組多国籍ボーイズグループ、ENHYPENの日本デビュー・シングルは、先ヨミ集計分(7月5日~7月7日)で210,008枚を売り上げて速報トップに立っており、週後半もその座をキープして、見事首位デビューを飾った。

 2位は7ORDERのメジャー1stシングル『雨が始まりの合図/SUMMER様様』(28,447枚)、3位にはスマホゲームプロジェクト『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』より、Vivid BAD SQUADの『Ready Steady/Forward』(18,196枚)がチャートイン。そのほか、風男塾の新体制シングル『LIKE A RAINBOW』、6月9日に発売された乃木坂46の『ごめんねFingers crossed』がそれぞれ14,955枚、13,235枚を売り上げてトップ5入りを果たしている。

 また、当週6,989枚を売り上げて10位にチャートインしているSnow Manの3rdシングル『Grandeur』は、累計セールスが999,260枚と、Snow Man vs SixTONES名義のデビュー・シングル『D.D./Imitation Rain』から続くミリオン・セールス達成に王手をかけている。


◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2021年7月5日~7月11日までの集計)
1位『BORDER : 儚い』ENHYPEN(236,229枚)
2位『雨が始まりの合図/SUMMER様様』7ORDER(28,447枚)
3位『Ready Steady/Forward』Vivid BAD SQUAD(18,196枚)
4位『LIKE A RAINBOW』風男塾(14,955枚)
5位『ごめんねFingers crossed』乃木坂46(13,235枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい