アンドリュー・ロイド・ウェバー、最新ミュージカル『シンデレラ』のAL発売 アダム・ランバート参加曲など全38曲収録 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アンドリュー・ロイド・ウェバー、最新ミュージカル『シンデレラ』のAL発売 アダム・ランバート参加曲など全38曲収録

Billboard JAPAN
アンドリュー・ロイド・ウェバー、最新ミュージカル『シンデレラ』のAL発売 アダム・ランバート参加曲など全38曲収録

アンドリュー・ロイド・ウェバー、最新ミュージカル『シンデレラ』のAL発売 アダム・ランバート参加曲など全38曲収録


 大ヒット・ミュージカル『キャッツ』、『オペラ座の怪人』や『サンセット大通り』などの作曲を務めたことで知られている、アンドリュー・ロイド・ウェバーによる新作オリジナル・ミュージカル『シンデレラ』が、英ロンドンで現地時間2021年7月19日にワールド・プレミアを迎える。それに先立ち、英ロンドンのロックダウン中に収録された、オリジナル・キャストによる劇中歌をすべて収録したアルバムを7月9日にリリースした。

 アルバムには先行シングルとしてリリースされた「バッド・シンデレラ」、「オンリー・ユー、ロンリー・ユー」、「アイ・ノウ・アイ・ハヴ・ア・ハート」に加え、ボーナス・トラックとしてトドリック・ホールが歌う「オンリー・ユー、ロンリー・ユー」や、ゲスト・アーティストとして参加したアダム・ランバートが歌う楽曲など全38曲が収録されており、劇場では聞くことのできない音源も楽しむことができる。

 アンドリュー・ロイド・ウェバーが5年ぶりに放つ、古典的なおとぎ話を再構築したミュージカル『シンデレラ』は、2021年の【アカデミー賞】で<脚本賞>(映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』)を受賞したことで知られているエメラルド・フェネルを脚本に迎え、ミュージカル界で活躍している作詞家のデイヴィッド・ジッペルと共に創り上げられた。主演は『アダムス・ファミリー』、『メリー・ポピンズ』、『レ・ミゼラブル』などの舞台に出演した経歴を持つキャリー・ホープ・フレッチャーが務める。

◎リリース情報
アルバム『シンデレラ』
2021/7/9 RELEASE
UICP-1209/10 / 3,3000円(tax incl.)
https://umj.lnk.to/AndrewLloydWebber_Cinderella


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい