米津玄師「死神」MVが1,000万再生を突破、米津本人が噺家などを演じる作品 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米津玄師「死神」MVが1,000万再生を突破、米津本人が噺家などを演じる作品

Billboard JAPAN
米津玄師「死神」MVが1,000万再生を突破、米津本人が噺家などを演じる作品

米津玄師「死神」MVが1,000万再生を突破、米津本人が噺家などを演じる作品


 米津玄師「死神」のMVが、公開より12日と6時間で1,000万再生を突破した。

 MVの監督は、米津とは初タッグとなるアートディレクター・永戸鉄也。楽曲は古典落語の演目である「死神」をモチーフに制作されており、MVの舞台は落語の寄席。噺家をはじめ、死神、観客、全ての役を米津本人が演じており、噺家の演技指導は柳亭左龍が手がけた。

 また、米津玄師のTwitter、Instagram、TikTokで公開された“消えた死神たち”と題されている「死神」MVサイドムービーでは、米津本人が演じている“5人の観客”にフィーチャー。それぞれのキャラクターを描き出した映像となっている。



◎映像
米津玄師「死神」MV
YouTubeにて公開
https://youtu.be/8nxaZ69ElEc


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい