bonobos、約2年ぶりの新作「Not LOVE」を7/7に配信リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

bonobos、約2年ぶりの新作「Not LOVE」を7/7に配信リリース

Billboard JAPAN
bonobos、約2年ぶりの新作「Not LOVE」を7/7に配信リリース

bonobos、約2年ぶりの新作「Not LOVE」を7/7に配信リリース


 bonobosが約2年ぶりの新曲となる配信シングル「Not LOVE」を7月7日にリリースする。

 今作はホーンのアレンジと演奏に、かねてからbonobosのライブにもサポート出演するなど親交の深い小西遼(CRCK/LCKS)を迎えて制作。日英韓の3ヶ国語を詞作に用いるなど、バンドとしての新しい試みも随所に見られる作品に仕上がっており、結成20年のタイミングでリリースするにふさわしい意欲作になっているとのことだ。

 加えて、7月に自主企画ワンマンツアー【東海道三次 vol.10】も東名阪での開催を控えている。ツアーは7月17日に名古屋APOLLO BASEからスタートし、18日に大阪・梅田Shangri-La、31日に代官山UNITにて、それぞれ二部入れ替え制にて実施される。東京公演は一部・二部ともにソールドアウトとなっている。

 また、新曲「Not LOVE」は今後新しく映像発表も予定している。


◎bonobos 蔡忠浩 (Vo/G) コメント

本当に久しぶりの新曲をやっと発表できて嬉しいです。
二年以上、こんなにも全く歌詞が書けなくなったのは初めてでした。
マイノリティ/マジョリティ間の分断や軋轢、新型コロナ禍、難問山積みの時代にあって、どうやったらウソなく歌を歌い続けることができるだろうと深く悩み、なんとか糸口を見つけました。
多言語をひとつの歌の中で、お互いが搾取し合わない形で住まわせる、という試みです。
新時代のBGMに、使い古されたウソっこの“愛”は必要ないなって感じです。
”愛“とかではなく、知性や想像力によって新時代のためのアップデートを加速させたいと思ってます。
Not LOVE!


◎配信情報
シングル「Not LOVE」
2021/7/7 RELEASE

◎ツアー情報
【東海道三次 vol.10】
2021年7月17日(土)名古屋APOLLO BASE
2021年7月18日(日)大阪・梅田Shangri-La
2021年7月31日(土)代官山UNIT *一部二部共にソールドアウト
・第一部
開場 15:00 / 開演 15:30
・第二部
開場 17:30 / 開演 18:00
チケット:4,400円(tax in.、+1drink)
※各日・各部共通。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい