エド・シーラン、米TV番組『レイトx2ショー』ジャック第2夜に「The A Team」披露&カウボーイになるためのレッスンを受ける 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エド・シーラン、米TV番組『レイトx2ショー』ジャック第2夜に「The A Team」披露&カウボーイになるためのレッスンを受ける

Billboard JAPAN
エド・シーラン、米TV番組『レイトx2ショー』ジャック第2夜に「The A Team」披露&カウボーイになるためのレッスンを受ける

エド・シーラン、米TV番組『レイトx2ショー』ジャック第2夜に「The A Team」披露&カウボーイになるためのレッスンを受ける


 米トーク番組『レイトx2ショー with ジェームズ・コーデン』を今週1週間ジャックしているエド・シーランが、第2夜に「The A Team」のパフォーマンスを行った。

 第1夜は、世界中のチャートを席巻することが予想される、リリースしたばかりの新曲「Bad Habits」をTV初パフォーマンスしたエド。その翌日となる現地時間火曜日、彼は2011年のアルバム『+(プラス)』からブレイクのきっかけとなった「The A Team」をアコースティック・ギターを奏でながら、しっとりと歌い上げた。この日のパフォーマンスは、ループ・ペダルやバンドなしで行われ、リリースから10年を迎えた彼の代表曲をじっくりと堪能できる内容となった。

 また、『2 Hours Off』という人気コーナーでは、番組司会のジェームズ・コーデンとともに、米LAのサンセット・ランチ・ハリウッドにて、2時間をかけてカウボーイになるトレーニングを受けた。ジェームズが「BTSと学んだ振り付けの中には、これより難しくないものもあったよ」と弱音を吐く中、馬の世話や投げ縄の使い方などを学んだ2人は、最後にボーイズIIメンの名曲「End of the Road」を歌いながら、乗馬を楽しんだ。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい