ザ・ビートルズ写真作品100点の限定オリジナルプリントが「ビートルズの日」から販売開始 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・ビートルズ写真作品100点の限定オリジナルプリントが「ビートルズの日」から販売開始

Billboard JAPAN
ザ・ビートルズ写真作品100点の限定オリジナルプリントが「ビートルズの日」から販売開始

ザ・ビートルズ写真作品100点の限定オリジナルプリントが「ビートルズの日」から販売開始


 ザ・ビートルズの写真作品100点の限定オリジナルプリントが、1966年に最初で最後の来日を果たしたことから「ビートルズの日」に制定されている6月29日から販売される。

 ザ・ビートルズ来日55周年を記念し、ミュージシャンのポートレイトやコンサートフォトなどのミュージックアートやメモラビリアを専門で取り扱うオンラインギャラリー「ファブ・フォー・ギャラリー」にて販売。来日時を除く写真がオンラインギャラリー上で公式販売されるのは国内初となる。

 写真はイギリスの写真家ロバート・ウィテカーが撮影。ウィテカーは来日時にビートルズに帯同し日本での滞在ドキュメントをとらえた公式カメラマンとして日本では知られているが、ミュージックアート界ではサルバドール・ダリから影響を受けたという革新的な表現手法で芸術的な写真を数多く残したことから評価されている。

 今回、取扱いを開始した写真作品は「日の丸に向かって日本武道館のステージに登る瞬間のビートルズ」ほか日本公演のステージ写真、楽屋やホテルでのシーンなど日本滞在中のドキュメントフォト27点をはじめ、スコットランドで撮影され米LIFE誌の特別編集版の表紙を飾ったビートルズの象徴的な写真「アンブレラ」、1965年ニューヨークのシェアスタジアムで行われた伝説のコンサート、ロンドンにあるチズウィック・ハウスの公園で撮影した「レイン」や「ペイパーバックライター」のMVの撮影シーンやミュージックアート界で有名なジョージ・ハリスンの「Way Out」ポートレイト、「ジャケット写真の教科書」とも言われているアルバム『リボルバー』の裏ジャケットに使用された写真、ビートルズの最後の英国ツアーのリハーサル・シーン、写真家が特に親しくなったメンバーのジョン・レノンの自宅で撮影したファミリー・フォト、英「MOJOマガジン」の表紙を飾ったポートレイトなど。

 写真はすべて、ウィテカーの写真作品を管理する「ロバート・ウィテカー・フォトグラフィー」監修のもとイギリスのハイクオリティな現像所でミュージアム・クオリティーの印画紙にプリントされ、オリジナル・プリントを証明するウィテカー・フォトグラフィーのエンボスが押され限定番号が書き込まれている。購入者が自身で額装できるようシートでの販売をしているが、提携の額装工房のプロの職人が、マット付きで木製額におさめて届けることも可能。

https://fab4.shop/

Photographer: Robert Whitaker


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい