【先ヨミ】BTS『BTS, THE BEST』が49,580枚を売り上げアルバム現在首位 2週連続の首位なるか 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】BTS『BTS, THE BEST』が49,580枚を売り上げアルバム現在首位 2週連続の首位なるか

Billboard JAPAN
【先ヨミ】BTS『BTS, THE BEST』が49,580枚を売り上げアルバム現在首位 2週連続の首位なるか

【先ヨミ】BTS『BTS, THE BEST』が49,580枚を売り上げアルバム現在首位 2週連続の首位なるか


 今週のCDアルバム売上レポートから2021年6月21日~6月23日の集計が明らかとなり、BTS『BTS, THE BEST』が49,580枚を売り上げて首位を走っている。

 6月23日公開(集計期間:2021年6月14日~6月20日)の最新の週間アルバム・セールス・チャートで807,056枚と、2021年最大の初週売上を記録して首位となった本作だが、現在2位のSEVENTEEN『Your Choice』が48,241枚と僅差になっている。現状、最新の週間アルバム・セールス・チャートと1位や2位が同じ結果となっているが、週後半でどのように推移するか注目だ。

 続いて、2019年にスタートしたLDHの新たな総合エンタテインメントプロジェクト『BATTLE OF TOKYO』の2作目となるアルバム『BATTLE OF TOKYO TIME 4 Jr.EXILE』が32,584枚を売り上げて現在3位となっている。そして現在4位には、『アイドリッシュセブン』よりTRIGGERの2ndアルバム『VARIANT』が21,068枚で続いている。

 そして現在5位には、上白石萌音のカバーアルバム『あの歌-1-』が10,422枚で続いている。本作は70年代楽曲のカバーアルバムとなっており、キャンディーズ「年下の男の子」や布施明「君は薔薇より美しい」など11曲のカバーが収録されている。一方『あの歌-2-』は80-90年代楽曲のカバーアルバムとなっており、現在10,345枚を売り上げている。


◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2021年6月21日~6月23日)
1位『BTS, THE BEST』BTS(49,580枚)
2位『Your Choice』SEVENTEEN(48,241枚)
3位『BATTLE OF TOKYO TIME 4 Jr.EXILE』GENERATIONS, THE RAMPAGE, FANTASTICS, BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE (32,584枚)
4位『VARIANT』TRIGGER(21,068枚)
5位『あの歌-1-』上白石萌音(10,422枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい