ジャクソンズの45周年を記念して、ロバート・グラスパーの最新リミックスを含むデジタルEPリリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャクソンズの45周年を記念して、ロバート・グラスパーの最新リミックスを含むデジタルEPリリース

Billboard JAPAN
ジャクソンズの45周年を記念して、ロバート・グラスパーの最新リミックスを含むデジタルEPリリース

ジャクソンズの45周年を記念して、ロバート・グラスパーの最新リミックスを含むデジタルEPリリース


 2021年6月17日、エピック・レコーズと米ソニー・ミュージックエンタテインメントのカタログ部門レガシー・レコーディングズが、HBCU(歴史的黒人大学)のマーチング・バンド映像や著名な黒人指導者たちの写真を、“Can You Feel It - The Jacksons X MLK” Remixのエディット・ヴァージョンに組み合わせたミュージック・ビデオを公開した。このビデオには鳴り響くドラム・ラインや、故マーティン・ルーサー・キングのスピーチ、バラク・オバマ1期目の大統領就任演説の一部がフィーチャーされている。

 同日配信開始となったEP 『"Can You Feel It" Remixes』 には、【グラミー賞】を受賞したミュージシャン、ロバート・グラスパーによる最新リミックスが収録される。このEPには、前述の “Can You Feel It - The Jacksons X MLK” Remixのエディット・ヴァージョンや、4月の『Triumph(トライアンフ)』デジタル・リイシューと同時にミュージック・ビデオが公開された、カーク・フランクリン・リミックスのエディット・ヴァージョンも収録される。

 アルバム『トライアンフ』からのサード・シングルだった「Can You Feel it (キャン・ユー・フィール・イット)」は1981年3月にリリースされ、米ビルボードのダンス・クラブ・チャートで1位(Hot 100で77位)を獲得した。マイケル・ジャクソンとジャッキー・ジャクソンの作・編曲によるこの曲はザ・ジャクソンズがセルフ・プロデュースを手掛け、マイケルとランディ・ジャクソンがゴスペル合唱団を伴ったリード・ヴォーカルを披露する。

 新しい “Can You Feel It - The Jacksons X MLK” Remixのミュージック・ビデオ公開とデジタルEP 『"Can You Feel It" Remixes』 配信は、ジャクソンズの45周年を記念して、最近全タイトルがエクスパンデッド・ヴァージョンとしてデジタル・リイシューされたことを受けてのもの。『トライアンフ』のリイシューからは「キャン・ユー・フィール・イット」のThe Jacksons X MLK” Remix、ザ・カーク・フランクリンRemix、ジ・アイランドRemix feat. デヴィッド・サンボーンという3つのリミックスが生まれている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい