オルダス・ハーディング、ライブでも披露された「Old Peel」がファン待望の音源化 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オルダス・ハーディング、ライブでも披露された「Old Peel」がファン待望の音源化

Billboard JAPAN
オルダス・ハーディング、ライブでも披露された「Old Peel」がファン待望の音源化

オルダス・ハーディング、ライブでも披露された「Old Peel」がファン待望の音源化


 近年盛り上がるフォーク・ムードの中でも、唯一無二の存在感で世界中のファンを中毒にしてきたSSWのオルダス・ハーディングが2年ぶりとなる新曲「Old Peel」を公開した。同時に、盟友マーティン・サガディン監督が手がけたMVも解禁された。

 「Old Peel」はここ日本も含む2019年のワールド・ツアーにおいて、クローザー・トラックとして演奏され、ファンの間では音源リリースが長らく待ち望まれていた楽曲。プロデュースは、2枚のアルバム『Party』、『Designer』に引き続きジョン・パリッシュが担当した。また、今後発表されるアルバムには収録されない独立シングルとして、「Old Peel –Alternate Version」をカップリングした7インチ・アナログ盤が7月9日にリリース決定となり、本日より各店にて随時予約がスタートする。

 オルダス・ハーディングはニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。2014年にセルフ・タイトル『Aldous Harding』でデビューを果たすと、好事家たちの間で瞬く間に注目の的となった。続く2ndアルバム『Party』は、PJハーヴェイや、スパークルホース諸作を手掛けたことで知られるジョン・パリッシュをプロデューサーに迎えて制作され、英老舗レコード・ショップ、ラフ・トレードのアルバム・オブ・ザ・イヤーで見事1位を獲得するなど、<4AD>の新時代 を担う存在としてブレイク。2019年にリリースされた最新作『Designer』を提げたワールド・ツアーは大成功を収め、2022年春夏には欧米ツアーを敢行することが発表された。

◎リリース情報
「Old Peel」
2021/7/9 RELEASE
4AD0240S2 / 1,000円(plus tax)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい