ガービッジ、5年ぶりとなるニューアルバム『NO GODS NO MASTERS』をリリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ガービッジ、5年ぶりとなるニューアルバム『NO GODS NO MASTERS』をリリース

Billboard JAPAN
ガービッジ、5年ぶりとなるニューアルバム『NO GODS NO MASTERS』をリリース

ガービッジ、5年ぶりとなるニューアルバム『NO GODS NO MASTERS』をリリース


 女性シンガーのShirly Mansonを擁するロックバンド、ガービッジが6月11日にニューアルバム『NO GODS NO MASTERS』をリリースした。

 ニルヴァーナ『Nevermind』、スマッシング・パンプキンズ『Siamese Dream』等を手掛けたButch Vigを始めとする3人のプロデューサー、そして紅一点フロントウーマン、Shirly Mansonによって1993年に結成されたガービッジ。1995年にデビュー・アルバムをリリースして以来、そのユニークなサウンドで数々のヒット曲を生み出し、グラミー賞に7回ノミネート、これまでに1,700万枚のアルバムを売り上げている。

 5年ぶり7作目となるニューアルバム『No Gods No Masters』について、Shirleyは「このアルバムを作ることは必然的だった。ファンの皆さんがどう受け取るかはわかりませんが、私自身、非常に満足しているわ」と語っている。

 今作の制作は2018年の夏にパーム・スプリングスで始まった。ギタリストであるSteve Markerの親戚の家に集まったバンドは、2週間かけてアルバムの骨組みを作り、ジャム・セッションから音的実験を重ね曲を練り上げ、その後、ロサンゼルスで再会してアルバムを完成させたという。

 なお、『NO GODS NO MASTERS』のデラックス・エディションには、デヴィッド・ボウイの「Starman」やパティ・スミスとブルース・スプリングスティーンの「Because the Night」などのカバー、ザ・ディスティラーズのBrody Dalleをフィーチャーした「Girl Talk」やBrian Aubertをフィーチャーした「The Chemicals」などのレアトラック全8曲が収録されている。



◎リリース情報
アルバム『No Gods No Masters』
2021/6/11 RELEASE
1. The Men Who Rule the World
2. The Creeps
3. Uncomfortably Me
4. Wolves
5. Waiting for God
6. Godhead
7. Anonymous XXX
8. A Woman Destroyed
9. Flipping the Bird
10. No Gods No Masters
11. This City Will Kill You
<デラックス・エディション>
12. No Horses
13. Starman
14. Girls Talk feat. Brody Dalle
15. Because the Night feat. Screaming Females
16. On Fire
17. The Chemicals feat. Brian Aubert
18. Destroying Angels feat. John Doe & Exene Cervenka
19. Time Will Destroy Everything


Photo by Maria Jose Govea


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい