コールドプレイ、架空の惑星が舞台となった「Higher Power」のMV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コールドプレイ、架空の惑星が舞台となった「Higher Power」のMV公開

Billboard JAPAN
コールドプレイ、架空の惑星が舞台となった「Higher Power」のMV公開

コールドプレイ、架空の惑星が舞台となった「Higher Power」のMV公開


 コールドプレイが、新曲「Higher Power」のミュージック・ビデオを自身の公式YouTubeチャンネルに公開した。

 このビデオは、有名アーティストのミュージック・ビデオを数々手掛け、【グラミー賞】受賞経験を持つ、米カリフォルニア・バークレー出身の映像作家のデイヴ・マイヤーズがディレクションを務めた。

 舞台は色彩豊かなゴミで埋め尽くされた架空の惑星“Kaotica(ケイオティカ)”。バンドが名づけたこの惑星には、ロボット・ドッグや巨大なホログラム、そしてソウルを活動拠点とするモダン・ダンス集団<Ambiguous Dance Company(アンビギュアス・ダンス・カンパニー)>が演じるストリート・ギャング・ダンシング・エイリアンが居住しており、「Higher Power」のアートワークや各クリエイティブにも登場するエイリアン言語 “Kaotican(ケイオティカン)”が随所に登場している。

 マイヤーズ監督は、「この(「Higher Power」の)ビデオは、我々が疎外感を感じることについてのメタファー(暗喩)なんだ。僕らは自分の居るワールドから遥か遠いところに飛ばされて、それはまるでとあるエイリアンの惑星にいるかの様に。そして僕らはストリートで愛に出会い、その“エナジー”と“ハイヤー・パワー”を以てして、僕らを自分の成層圏まで押し出してくれるんだよ」と述べている。

◎リリース情報
配信シングル「Higher Power」
2021/5/7 RELEASE
https://Coldplay.lnk.to/HigherPower0507Pu


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい