キミノオルフェ、本人イラストによる「バックパック」のリリックMV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

キミノオルフェ、本人イラストによる「バックパック」のリリックMV公開

Billboard JAPAN
キミノオルフェ、本人イラストによる「バックパック」のリリックMV公開

キミノオルフェ、本人イラストによる「バックパック」のリリックMV公開


 6月4日にデビューライブから5周年を迎えたキミノオルフェが、1stシングル「バックパック」の本人作成イラストによるリリックMVを公開した。
https://youtu.be/CxnRs7TeWLQ

 現在、Huluで放映されている『BMSG Audition 2021 -THE FIRST』ではボイストレーナーとして参加するなど、活動の幅を広げているキミノオルフェ・蟻。

 前身バンド・蟲ふるう夜にが8年間の活動に幕を下ろした2016年2月6日。そこからわずか4か月間という限られた時間の中で、蟻はまだ名前もついていない自身のソロ・プロジェクトの準備を終えなければならなかった。

 慣れ親しんだメンバーとの別離、でも音楽を続けていくという強い決意、同時にまだ先の見えない中での不安と期待から生まれた最初の楽曲は、「ゆとりの最前列を歩く 僕らが何かを掴んでる」という強い宣言の曲に。それから5年。同曲はノンプロモーションにもかかわらず海外のファンを中心に今も愛されてる一曲となった。

 公開されたリリックMVは、監督を新進気鋭のクリエイター・TAOJAが担当。楽曲の持つ透明感、混在する不安と葛藤と希望を抑えたテイストで表現している。

◎キミノオルフェ/蟻のコメント
キミノオルフェ、デビューライブから5年の節目です。
物事のスタートやゴールに注目したくなるけど「過程」の方が何倍も長くて大変だなと思っていて。
振り返ると、始まりの曲になった「バックパック」は、「過程」の自由さと曖昧さと、ゆとり世代の才能を描きたくて書いた曲と気づきました。
MVも初めて自分で作った思い入れのある曲なので、今回イラストとリリックビデオという違った見せ方で、また聴いてもらえることが嬉しいです。
これからも続くキミノオルフェと大切な友人の皆さんの「過程」に寄り添う曲になりますように。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい