チェット・フェイカー、ローラーブレードでの撮影で手を骨折した「Feel Good」MV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チェット・フェイカー、ローラーブレードでの撮影で手を骨折した「Feel Good」MV公開

Billboard JAPAN
チェット・フェイカー、ローラーブレードでの撮影で手を骨折した「Feel Good」MV公開

チェット・フェイカー、ローラーブレードでの撮影で手を骨折した「Feel Good」MV公開


 豪メルボルン出身のシンガーソングライター、チェット・フェイカーが7月16日にリリースするアルバム『Hotel Surrender』より「Feel Good」を発表。あわせてミュージックビデオを公開した。
https://www.youtube.com/watch?v=YyODHqG2Tz0

 R&Bやエレクトロニカなど様々な要素をミックスさせ、メロディアス、そして官能的な楽曲を生み出すNick Murphyによるプロジェクト、チェット・フェイカー。最新アルバム『Hotel Surrender』からの先行トラック「Feel Good」は、持ち味の流麗で心を豊かにさせるメロディにあふれたナンバーで、「これはまさしく気分を良くさせる楽曲だ。ミュージックビデオを含めてね。これ以上説明すると楽曲の魅力が失われてしまうから、あとはそれぞれが楽しんで欲しい。」と語っている。

 ミュージックビデオはザ・ウィークエンドやアリアナ・グランデ、ドージャ・キャットなどを手がける気鋭、FREENJOYがディレクションを担当。映像では米カリフォルニアの砂漠でローラーブレードをするNickの姿が写っているが、「その撮影中に手を骨折したけど、何も後悔はなかったね」とのことだ。

 セルフプロデュースによるアルバム『Hotel Surrender』は、ミキサーにDave Fridmann(ザ・フレーミング・リップス、MGMT)を迎え、昨年リリースされチャートインも果たした「Low」の他、「Get High」、「Whatever Tomorrow」、そしてSoulwaxリミックスなど全10曲を収録する。楽曲のほとんどは昨年の春に完成させていたものの、COVID19を通じて考え、見い出した幸福のカタチを表現したという深遠な内容に仕上がっているそうだ。

 チェット・フェイカーは最新アルバムを従え、【Austin City Limits 2021】や【Primavera Sound 2022】など様々な音楽フェスへの出演が決定している。



◎リリース情報
アルバム『Hotel Surrender』
2021/7/16 Release

Photo Credit: Willy Lukaitis


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい