【ビルボード 2021年上半期Streaming Songs】優里「ドライフラワー」2.7億回で首位 2位はBTS「Dynamite」&YOASOBI複数曲チャートイン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード 2021年上半期Streaming Songs】優里「ドライフラワー」2.7億回で首位 2位はBTS「Dynamite」&YOASOBI複数曲チャートイン

Billboard JAPAN
【ビルボード 2021年上半期Streaming Songs】優里「ドライフラワー」2.7億回で首位 2位はBTS「Dynamite」&YOASOBI複数曲チャートイン

【ビルボード 2021年上半期Streaming Songs】優里「ドライフラワー」2.7億回で首位 2位はBTS「Dynamite」&YOASOBI複数曲チャートイン


 2021年上半期Billboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、優里「ドライフラワー」が首位を獲得した。

 優里が2020年10月25日にリリースしたシングル「ドライフラワー」は、2019年12月に配信した自身初のオリジナル・ソング「かくれんぼ」の“アフターストーリー”となる楽曲。男性目線のラブソング「かくれんぼ」に対し、「ドライフラワー」では女性目線の物語が描かれている。TikTokやTwitterなどのSNSでカバー動画、いわゆる“歌ってみた”や“弾いてみた”系のUGCが流行し、「かくれんぼ」以上のバイラル・ヒットを起こした同曲は、2020年11月4日公開分で81位に初登場し、その翌々週には9位でトップ10デビュー、そして2021年1月27日公開分で初の首位を獲得した。再生回数のピークは、2月24日公開分で記録した13,842,676回で、以降はゆるやかな減少トレンドが続いているものの、高水準は根強くキープ、上半期集計時点でチャートイン30週となっており、その中で首位獲得回数は15回をマーク、当該集計期間における累計再生回数は275,855,527回を記録している。

 続く2位は、BTSが2020年8月21日にリリースしたシングル「Dynamite」。グループにとって初めて全編英詞で作られた楽曲で、USビルボードの“HOT 100”でも首位を獲得するなど、K-POP市場に留まらずグローバルなヒット・ソングとして評価されている同曲だが、日本でも人気は加熱、2020年8月26日公開分で7位に初登場し、翌週には首位をマークした。これまでに12回の首位獲得を果たしており、再生回数は256,535,736回で「ドライフラワー」とは小差となっている。この上半期は「ドライフラワー」と「Dynamite」の接戦が大きな見どころの一つだったと言えるだろう。

 ちなみに「ドライフラワー」が記録した275,855,527回なのだが、これは2020年の年間チャートでYOASOBI「夜に駆ける」が記録した275,142,806回をわずかに上回る数字だ。半年間で決まる上半期首位の楽曲が前年の年間首位の数字を超えた事実は、コロナ禍によって加速したデジタル配信市場の拡大を裏付けるものであり、ストリーミングが音楽のヒットを測る指標としてますます重要化していることを示すデータだろう。

 中でも特筆すべきは、まさしく「ドライフラワー」がそうであったように、ユーザーが自ら作るコンテンツを起点としたUGC型ヒットだ。2020年春から始まった外出自粛の日々が依然として続き、その中で台頭してきたTikTokが牽引するこの動きは、サブスクリプション型のストリーミング・サービスやYouTubeなどの動画プラットフォームとも連動し、主にインターネット上をメインに活動する新人アーティストたちにスポットライトを当てた。

 その代表格として挙げられるのが、やはりYOASOBIだろう。2019年12月にリリースしたデビュー曲「夜に駆ける」は、前述のUGC型ヒットをいち早く引き起こし、2020年の年間チャートにおけるストリーミング首位を獲得、そして総合の“HOT 100”でもトップに輝いたが、年末の『NHK紅白歌合戦』への初出場、自身初のCD作品となるEP『THE BOOK』のリリース、こちらも初となったオンラインライブの開催など、上半期集計期間内も多くのトピックスを提供したこともあってか、ストリーミングの勢いは根強くキープされ、今回は3位にエントリーする形となった。当該期間における再生回数は227,081,110回で、初登場時からの累計では5億回の大台を突破している。さらにYOASOBIは、8位に「群青」、9位に「怪物」が入っており、トップ10内に3曲、トップ100内では9曲を送り込む強さを見せた。「夜に駆ける」のヒットがYOASOBI人気を牽引したことは事実だが、以降にリリースされたほかシングルもそれぞれしっかりと訴求し、アーティスト単位での社会的浸透度が高まったことも、デビュー曲の「夜に駆ける」がリリースから1年以上が経過した今もなお、チャートの上位に入り続けていられる要因の一つなのではないか。

 YOASOBIのAyaseはボーカロイドPとしても活動するが、そうしたボカロ系のクリエーターが関わる新人アーティストのブレイクスルーも目立つ。5位に入ったAdo「うっせぇわ」は、2012年からインターネット上で活動しているsyudouが手掛けた楽曲で、攻撃的なリリックや“うっせぇうっせぇうっせぇわ"と歌うサビの中毒性が話題に。また、23位のyama「春を告げる」を手掛けたくじらも、2019年に活動を開始したボカロPだ。一方で、映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌で、上半期4位をマークしたLiSA「炎」を筆頭に、TVアニメ『呪術廻戦』オープニング主題歌のEve「廻廻奇譚」が6位、映画『STAND BY ME ドラえもん 2』主題歌の菅田将暉「虹」が7位をマークするなど、アニメタイアップ楽曲の人気も根強かった。

 

◎【2021年上半期Billboard JAPAN Streaming Songs】トップ10
1位「ドライフラワー」優里(275,855,527回再生)
2位「Dynamite」BTS(256,535,736回)
3位「夜に駆ける」YOASOBI(227,081,110回)
4位「炎」LiSA(190,592,690回)
5位「うっせぇわ」Ado(163,668,094回)
6位「廻廻奇譚」Eve(148,028,423回)
7位「虹」菅田将暉(140,919,600回)
8位「群青」YOASOBI(142,675,922回)
9位「怪物」YOASOBI(145,223,447回)
10位「Stand by me, Stand by you.」平井大(121,266,098回

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい