【ビルボード 2021年上半期TOP Albums Sales】SixTONES『1ST』が首位獲得、Mr.Children/BTS/Hey! Say! JUMPが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード 2021年上半期TOP Albums Sales】SixTONES『1ST』が首位獲得、Mr.Children/BTS/Hey! Say! JUMPが続く

Billboard JAPAN
【ビルボード 2021年上半期TOP Albums Sales】SixTONES『1ST』が首位獲得、Mr.Children/BTS/Hey! Say! JUMPが続く

【ビルボード 2021年上半期TOP Albums Sales】SixTONES『1ST』が首位獲得、Mr.Children/BTS/Hey! Say! JUMPが続く


 2021年上半期Billboard JAPANアルバム・セールス・チャート“TOP Albums Sales”で、SixTONESの『1ST』が1位に輝いた。

 『1ST』(ファースト)は2021年1月6日にリリースされた1枚目のフル・アルバムで、572,074枚のセールスを記録して、デビュー・アルバムでいきなりの上半期“TOP Albums Sales”の首位獲得の偉業を残した。

 続いてMr.Childrenの『SOUNDTRACKS』が354,067枚を売り上げて2位、BTSの『BE』が318,282枚を売り上げて3位を獲得した。

 そして、4位から6位はジャニーズの3組が続く。Hey! Say! JUMPの『Fab! -Music speaks.-』が272,347枚を売り上げ4位、ジャニーズWEST『rainboW』が227,521枚を売り上げ5位、Sexy Zone『SZ10TH』は214,875枚を売り上げ6位を獲得した。BTS、ジャニーズWEST、Sexy Zoneは昨年上半期から連続でチャートインしており、安定した人気を感じさせる結果となった。


【Billboard JAPAN TOP Single Sales of the Year 2020】トップ10
1位『1ST』SixTONES(572,074枚)
2位『SOUNDTRACKS』Mr.Children(354,067枚)
3位『BE』BTS(318,282枚)
4位『Fab! -Music speaks.-』Hey! Say! JUMP(272,347枚)
5位『rainboW』ジャニーズWEST(227,521枚)
6位『SZ10TH』Sexy Zone(214,875枚)
7位『LOVEHOLIC』NCT 127(206,886枚)
8位『The STAR』JO1(195,255枚)
9位『AKIRA』福山雅治(164,430枚)
10位『O album』KinKi Kids(150,630枚)

集計期間:2020年11月23日(月)~2021年5月23日(日)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい