YouTube、過去12か月間に音楽業界に約4,400億円を支払ったと発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

YouTube、過去12か月間に音楽業界に約4,400億円を支払ったと発表

Billboard JAPAN
YouTube、過去12か月間に音楽業界に約4,400億円を支払ったと発表

YouTube、過去12か月間に音楽業界に約4,400億円を支払ったと発表


 YouTubeが過去12か月間に40億ドル(約4,400億円)以上を音楽業界に支払ったことが、同社の音楽担当トップであるリオ・コーエン(Lyor Cohen)が送った書簡で明らかになった。

 この40憶ドルの支払いには、アーティスト、ライター、レーベルなどへの支払いが含まれる。コーエンは、40億ドルの30%が一般ユーザーによって作られたコンテンツのクリエイターに支払われたと述べ、同社がクリエイターに投資していることを強調した。

 コーエンは、「YouTubeでは、ファンによる動画の投稿が常に盛んで、アーティストが視聴者を増やし、世界中で曲をヒットさせるのに役立っている」と述べた。「今ではプレミアム音楽コンテンツと並び、意味のある追加的な収入源になっていることに感動しています」と続けた。

 また、具体的な数字は公表しなかったが、彼はYouTube Musicの開始以来、2021年の第1四半期の新規加入者は、これまでのどの四半期よりも多かったと明かした。

 さらに、コーエンは「私はこの業界がオーディオ・ビジネスからオーディオ・ビジュアル・ビジネスに、そして友人のチャックDが言うように、ビジュアル・オーディオ・ビジネスに進化するのを見てきました」と付け加えた。「ビジュアル・オーディオのプラットフォームとして、私たちの目標は音楽業界の主要な収益源となり、世界中のアーティストが音楽制作のキャリアを築く手助けをすることです。YouTubeはエンド・ツー・エンド(通信を行う二者を結ぶ)の音楽体験を世界中で収益化しているため、私たちはこの目標を達成できるユニークな立場にあります」と続けた。

 Spotifyは2020年に50億ドル(約5,500億円)以上のロイヤリティを支払ったと明かし、ストリーミング音楽の分野で他社より多かったことを強調した。しかし、コーエンは書簡で、YouTubeは定額制の音楽やミュージック・ビデオのサービスに加えて、大規模な広告支援があるビデオ・プラットフォームを通じて音楽を収益化していると指摘した。さらに、同社はチケットや物販の直接販売、ヴァーチャル・コンサートなど、アーティストやレーベルへのサービスを拡大していると付け加えた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい