GReeeeN、「たけてん」の『漁港の肉子ちゃん』映画版MV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

GReeeeN、「たけてん」の『漁港の肉子ちゃん』映画版MV公開

Billboard JAPAN
GReeeeN、「たけてん」の『漁港の肉子ちゃん』映画版MV公開

GReeeeN、「たけてん」の『漁港の肉子ちゃん』映画版MV公開


 GReeeeNの楽曲「たけてん」の『漁港の肉子ちゃん』映画版MVが公開された。

 「たけてん」は6月11日公開の劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』のエンディングテーマに起用。同作は明石家さんまが企画・プロデュースしたハートフルコメディで、漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密が巻き起こす物語を描く。監督を渡辺歩、アニメーション制作をSTUDIO4℃が務め、肉子ちゃんの声を大竹しのぶ、娘・キクコの声をCocomiが担当するほか、花江夏樹、下野紘、吉岡里帆、マツコ・デラックスらがキャスティングされている。

 公開されたMVには、「この光をとても懐かしく感じるのはなぜだろう。あの時の光、ささやかな希望、そして…」というキクコの声や、キクコに愛を注ぐ肉子ちゃんと漁船で暮らしながら様々な出会いを重ねていくキクコの姿、物静かな同級生の少年・二宮とキクコがゆっくりと距離を縮め、友情を育んでいく場面などが映し出されている。

 GReeeeNは、プロデューサーである明石家さんまの本や過去の映像をもとにしたリサーチを重ねたうえで本楽曲を書き下ろしたそうで「笑わせたい誰かが居る、笑って欲しい誰かが居る。そして幸せになって欲しい人が居る。そんな気持ちを込めました!」とコメント。

 キクコを演じるにあたり何度も小説を読み返しながらイメージを作り上げていったというCocomiは「キクコを演じるときは“思春期まっさかりの女の子”というイメージを常に頭の中に入れて、思春期だからこそ感じる気持ちや、キラキラした瞬間を表現することを心がけました」と語り、二宮役を演じた花江は「(二宮は)友達と一緒にいるから、そんなに人付き合いが苦手っていうわけでもなさそうだし、自分の言いたいことや意思はハッキリしている。それでいて、自分だけの世界にこもってしまいがちな部分もある。その絶妙な雰囲気を出していければいいのかなと思いました」と述べている。

 今回の発表とあわせて本ポスタービジュアルが公開。「みんな、望まれて生まれてきたんやで。」というコピーが添えられている。

 また、同映画と文部科学省のタイアップが決定。地域と学校が連携・協働して、地域全体で子供たちの成長を支えることの重要性について伝えていくとのこと。

https://youtu.be/Fpc2PMmwgkM


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい