中川翼、長澤樹、生駒里奈ら出演の映画『光を追いかけて』主題歌に湯木慧「心解く」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中川翼、長澤樹、生駒里奈ら出演の映画『光を追いかけて』主題歌に湯木慧「心解く」

Billboard JAPAN
中川翼、長澤樹、生駒里奈ら出演の映画『光を追いかけて』主題歌に湯木慧「心解く」

中川翼、長澤樹、生駒里奈ら出演の映画『光を追いかけて』主題歌に湯木慧「心解く」


 映画『光を追いかけて』が10月1日からグランドシネマサンシャイン池袋ほか全国で順次公開。9月23日にAL☆VEで先行公開される。

 過疎化の進む秋田を舞台に傷つきやすい思春期の少年少女と大人達の物語を描く同作。中川翼、長澤樹、生駒里奈、柳葉敏郎らが出演する。主題歌は湯木慧の「心解く」。監督と共同脚本を成田洋一が務めた。

 発表とあわせて予告編とポスタービジュアル、キャストのコメントが公開。

◎成田洋一監督 コメント
思春期、それは人生の中で一番不安定で、世界が毎日変わって見える時期かもしれません。私自身、恋愛、友情、勉強、親との関係で悩み、トンネルに入り、ようやく光を見つけたと思ったら、また入る、そんな毎日でした。でも、その光は大なり小なり輝いていて、必ず、必ず存在するのです。その繰り返しが人生だし、ほんのわずかな輝きがあるだけで人生はすこぶる楽しいのです。
この映画は、1991年に私の故郷に現れた緑の光とミステリーサークルの事件をモチーフにしてます。もし、美しい田んぼが広がる過疎の町で、心の均衡をぎりぎり保っている思春期の子供たちと、過疎の不安を隠しながら生活している大人たちの前に「それ」が現れたら…きっと均衡が崩れ、彼らのさまざまな思いが露わになり、ぶつかり合うのではないかと。
そして、それは「その先の未来:光」に向かうために必要な儀式ではないかと思うのです。
誰にも「光」は存在します。それを追いかけていけば必ず辿り着けるのです。思春期の子供たちへ、そして思春期を忘れかけている大人たちに是非見てもらいたい映画です。

◎中川翼 コメント
完成した映像を見た時、どこかにあった不安な気持ちがすっと消えていきました。
きっと僕にとって、人生のターニングポイントになる映画だと思います。
成田監督を始め、秋田の撮影では現地の皆さんとの素敵な出会いがありました。
自分の居場所を探していた彰も、人見知りだった僕も、この映画が変えてくれました。
今すぐ秋田に行きたくなる、秋田の魅力満載の映画になっています。
一面に広がる大自然に注目して、見てみてください。

◎長澤樹 コメント
初めての映画、何も出来ない私が真希を演じられるか不安でした。真希は台風みたいな子で自分とは全然違うと思っていました。でも撮影が始まり、真希に寄り添ってみるとそんなことはなくて。共感できる部分が沢山あり、それが段々と増えていく事が楽しくてあっという間でした。この美しい作品が完成したのは監督・キャストやスタッフ・地元の皆さん、そして秋田という素敵な場所があったからです。この作品が皆さんの希望の光になりますように。

◎生駒里奈 コメント
我が故郷秋田を舞台にした作品に出演する事が出来て素直に嬉しいです。
この作品は秋田そして田舎のリアルを細かく美しく映し出された作品です。
主演の皆さんの10代の心の痛みや、私が演じた若者の葛藤、親世代、祖父母世代の気持ちを成田監督が素晴らしい映像で切り取っています。
私がなんとなく見ていた地元の田園風景がこんなに宝物だったなんて、、、
空の広さに感動して、嬉しいのに涙が溢れました。
是非、沢山の方に見て頂き、日常にある景色や自分の心を感じで頂けたらと思います。

◎柳葉敏郎 コメント
大人が変わらなければ子どもも変われない。この作品を通して、秋田県民のみならず、人生に一歩踏み出す勇気を持つことの大切さに気づいてほしい。


◎映画情報
『光を追いかけて』
2021年10月1日(金)からグランドシネマサンシャイン池袋ほか全国で順次公開
2021年9月23日(木・祝)AL☆VEで先行公開
監督:成田洋一
脚本:成田洋一、作道雄
出演:
中川翼
長澤樹
生駒里奈
中島セナ
駿河太郎
小野塚勇人
下川恭平
木村聖哉
丹野未結
日向丈
柳葉敏郎
ほか
配給:ラビットハウス

http://hikariwo-oikakete.com/

(C)2021「光を追いかけて」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい