ウルフルズ、デビュー30周年へ向け代表曲30曲をセルフカバー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ウルフルズ、デビュー30周年へ向け代表曲30曲をセルフカバー

Billboard JAPAN
ウルフルズ、デビュー30周年へ向け代表曲30曲をセルフカバー

ウルフルズ、デビュー30周年へ向け代表曲30曲をセルフカバー


 ウルフルズが、デビュー日である5月13日に最新アーティスト写真や代表曲30曲のセルフカバー実施などを発表した。

 1992年5月13日にシングル「やぶれかぶれ」でメジャーデビューしたウルフルズ。メジャーデビュー30周年のプレ・イヤーのスタートを飾るアーティスト写真のアートディレクションはIT IS DESIGNの伊丹友広、フォトグラファーは小木曽威夫が担当、数多くのウルフルズ作品を手掛けてきた両氏との6年ぶりにタッグが実現した。モノトーンを基調としたスタイリッシュな仕上がりとなっている。

 代表曲30曲のセルフカバーは、これまでのバンドの歩みをメンバー自身でセルフカバーすることで再確認し、新たなバンドのヒストリーへの弾みとしたい、という強い思いから企画されたもので、現在メンバーは鋭意レコーディング中とのこと。合わせて発表されたプレ・イヤーロゴはメンバー直筆によるウルフルズ楽曲名から構成されたデザインとなっている。



◎トータス松本 コメント
昔は周年を祝うなんて、なんかおっさんじみてて嫌だった。だけど歳が経って気がつけば、我々は誰がどこから見ても実際リアルにおっさんである。
今は気が変わって、正々堂々とお祝いしたい。

思い出してみれば、デビュー10周年の記念日は、仲間が大勢うちに集まってワイワイとお祝いをした。
20周年のその日は、活動休止中だったのでお祝いにならず、おれは三茶で元スタッフと元マネージャーと3人でひっそりと飲んだ。
そして、ついに迎えるは30周年である。ここはドーンとでかい事をやってみようと思う。
良いものが皆さんに届けられるように頑張ります。
よろしく!

◎ジョンB コメント
笑ってデビュー30周年を迎えられるように。
30曲セルフカバー!
どの曲も力強くなればいいなって。
凝ったアレンジにするんじゃなくて、その曲が持ってる大事なもの。
聴いてくれてるひとが感じてること。
心動くものを届けることができたら最高。
今のバンドの音を聴いてほしいし、懐かしくも新しいウルフルズ!

再録した曲、これからのライブでも新鮮な気持ちで演奏できるだろうし、自分たちもお客さんもまだまだ楽しめるはず。

セルフカバーアルバムを作れるなんて、たくさんのひとが聴いてくれたおかげ。
ありがとう。

リラックスしつつも緊張感のあるレコーディング。
スタッフ含め、みんなであーだ! こーだ! とやってます。
このワクワクをギュッとつめこんだ音になれば!

みなさん、お楽しみに!

◎サンコンJr.  コメント
1992年にシングル『やぶれかぶれ』でデビューして、来年で30年。
「セルフカバー30曲!」のアイデアを松本くんから聞いたときは思わず笑ってしまいました。その曲数や、パッと浮かぶ曲たちの暑苦しさがとてもウルフルズっぽいなぁと。もちろん、当時も相当な熱量で録音され、長年愛聴してもらったオリジナルの音源には、いろんな意味で敵いませんが、いまのウルフルズで録音するとまた違った新鮮さがあり、とても有意義なレコーディングが始まっています!乞うご期待!


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい