SUGIZO率いるSHAG、配信ライブを5/20に開催決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SUGIZO率いるSHAG、配信ライブを5/20に開催決定

Billboard JAPAN
SUGIZO率いるSHAG、配信ライブを5/20に開催決定

SUGIZO率いるSHAG、配信ライブを5/20に開催決定


 SUGIZO率いる恍惚のサイケデリック・ジャムバンドSHAGが、配信ライブ【LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODE ? ~THE SHAG STRIKES BACK~】を5月20日に開催することが、決定した。

 メンバーを再編成して12年ぶりに復活した新生SHAG。2020年の12月にジャズの聖地BLUE NOTE TOKYOで2日間全4公演の有観客ライブを実施した。DAY2の2ndステージは配信とのハイブリッドだったが、配信のみに特化したライブは今回が初となっている。

 メンバーはSUGIZOと、初期SHAGからのメンバーであり、今や日本を代表するベースヒーローKenKen、15年来のセッションメイトにして4月に行われた【SUGIZO LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODE II~VOICE OF LEMURIA~】にも参加した、当代屈指のインプロバイザー類家心平、元Yasei Collectiveの才人で、SUGIZOのオリジナルアルバム『ONENESS M』にも客演した別所和洋、SUGIZOソロライブでもお馴染み、SUGIZOが最も信頼を寄せるパーカッショニストよしうらけんじ、そして前回が初共演となった新世代の超絶技巧ドラマー松浦千昇の6人だ。SUGIZOはギター、バイオリン、モジュラーシンセサイザーの演奏に加え、大きく全身を動かして指揮者のように即興演奏を導き、一人何役も務める予定だ。

 2020年のライブでは、SUGIZOのソロ楽曲はもちろん、キーと大まかな展開だけを決めたスリリングな即興ジャムセッションや、SHAG再始動に大きな影響を与えた作品「BITCHES BLEW」(マイルス・デイヴィス)のカバーを披露。ストロボライトの明滅と連動し、メンバー各自の内なるマグマを一斉に暴発させるような狂乱の合奏や、無音の中、音を鳴らす間合いを全員が探り合っているようなインタープレイは、剣術の試合を観ているような緊張感と、そこから解放されてすべてをぶちまけるカタルシスの連続だった。

 なお、チケットは販売中だ。


◎SUGIZO コメント
分断が広がり、差別が増え……そういう社会にやはり、本当の自由や人権を求めたい。音楽ってそのための手段で、ジャズもロックもファンクもそうだったはず。その当時の重要だったアティテュードを、2020年代にカスタマイズして、音楽をより自由にこれから進化させていくために、SHAGを復活しました。

◎配信情報
【LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODE ? ~THE SHAG STRIKES BACK~】
2021年5月20日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:
通常チケット 4,500円
特典付きチケット 10,000円


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい