マライア・キャリー、2度目のワクチン接種では“マライア節”が炸裂 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マライア・キャリー、2度目のワクチン接種では“マライア節”が炸裂

Billboard JAPAN
マライア・キャリー、2度目のワクチン接種では“マライア節”が炸裂

マライア・キャリー、2度目のワクチン接種では“マライア節”が炸裂


 現地時間2021年5月4日、マライア・キャリーが2度目となる新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける動画を自身のTwitterに公開した。

 サングラス、黒のマスクとTシャツ、グレーのレギンズ姿で診察台に座ったマライアは、注射の後に貼るバンドエイドを選ぶようにまず言われると“華やか”なピンクのバンドエイドを選択。2度目の接種を受けることに“少しナーバス”になっていることを明かすと、「でも、なるようにしかならないわよね」と気を取り直し、今回はどの注射針を使うのかを聞いた。

 というのも、彼女が1度目のワクチン接種の様子を動画で公開した際、ネット上の一部ユーザーの間で、「針が消えた」、「フェイクだ」などと、本当は打っていないのではないかという批判的な声が挙がっていたからだ。

 普通の針であることを告げられたマライアは「彼らがどう考えるかなんて気にしない」と反ワクチン派について話し、「“え、偽の針じゃないの”なんてその人たちは言っていたけれど……」とおもむろに照明を撮影するようカメラマンに指示。顔映りが良くない、病院の蛍光灯の真下にいることを見せると、「私が理由もなく、こんな照明に当たると思う?ノーよ!」とマライア節を炸裂させた。

 そして無事に注射を終えると、1度目の接種同様に得意のホイッスル・ボイスを披露し、カメラに向かって満足げに投げキスをしている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい