【先ヨミ】YUKI『Terminal』12,637枚を売り上げアルバム首位走行中 Girls2、GLAYが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】YUKI『Terminal』12,637枚を売り上げアルバム首位走行中 Girls2、GLAYが続く

Billboard JAPAN
【先ヨミ】YUKI『Terminal』12,637枚を売り上げアルバム首位走行中 Girls2、GLAYが続く

【先ヨミ】YUKI『Terminal』12,637枚を売り上げアルバム首位走行中 Girls2、GLAYが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2021年4月26日~4月28日の集計が明らかとなり、YUKIの『Terminal』が12,637枚を売り上げて首位を走っている。

 本作はYUKIにとって10枚目、2年2か月ぶりとなるオリジナル・アルバムで、最新シングルに収録された「Baby, it's you」や「My lovely ghost」など、計13曲が収録されている。なお、YUKIは5月22日より本作を引っ提げた全国ツアーを開催する予定だ。

 2位には、Girls2の4th EP『Girls Revolution / Party Time!』が登場。表題曲の「Girls Revolution」は、ドラマ『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』のオープニング・テーマに起用されている。そのほか、メンバーの美咲・桜花・來亜・綺羅が出演する九州朝日放送『アサデス。KBC』内のプロジェクト「アサダン」のテーマソングである「弾心 ~ダンシン~ feat. 黒木啓司, EXILE NESMITH」など、計8曲が収録されている。

 続いて、GLAYの『ONE LOVE Anthology』が3位を走行中。本作は、2001年にリリースされた6thアルバム『ONE LOVE』のリマスター盤で、Disc1にはリミックス&リマスタリングされた全18曲、Disc2には当時のデモ音源が収録されている。

 4位には2021年4月28日公開(集計期間:4月19日~4月25日)のアルバム・セールス・チャートで1位を獲得したBTSの『BE』が入っており、楠木ともりの2nd EP『Forced Shutdown』が7,718枚を売り上げ現在5位を走っている。同作は、楠木ともり本人が全曲の作詞・作曲を手がけた作品だ。


◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2021年4月26日~4月28日)
1位『Terminal』YUKI(12,637枚)
2位『Girls Revolution / Party Time!』Girls2(9,293枚)
3位『ONE LOVE Anthology』GLAY(8,649枚)
4位『BE』BTS(8,336枚)
5位『Forced Shutdown』楠木ともり(7,718枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい