<ライブレポート>Creepy Nuts、DISH//、KALMA、マルシィ、the shes goneら出演 配信イベント【BOOM BOOM BOOM LIVE vol.2】開催 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>Creepy Nuts、DISH//、KALMA、マルシィ、the shes goneら出演 配信イベント【BOOM BOOM BOOM LIVE vol.2】開催

Billboard JAPAN
<ライブレポート>Creepy Nuts、DISH//、KALMA、マルシィ、the shes goneら出演 配信イベント【BOOM BOOM BOOM LIVE vol.2】開催

<ライブレポート>Creepy Nuts、DISH//、KALMA、マルシィ、the shes goneら出演 配信イベント【BOOM BOOM BOOM LIVE vol.2】開催


 Creepy Nuts、DISH// 、KALMA、マルシィ、the shes goneらが出演したイベント【BOOM BOOM BOOM LIVE vol.2】が、4月27日に開催された。

 スペースシャワーネットワークが、「何曲しってる?次のブームをつくるオト」というキャッチコピーに、今後の音楽シーンでブームを巻き起こすアーティストの楽曲を厳選して発信しているプレイリスト「BOOM BOOM BOOM」。今回開催されたのは、この「BOOM BOOM BOOM」による無料配信イベントだ。「BOOM BOOM BOOM」の新人応援企画「STARTERS MATCH」で、ネクストブレイクが期待されるSTARTERS MATCHで1位を獲得したKALMAをはじめ、2位マルシィ、3位the shes gone が出演。さらに、ストリーミングサービスはもちろん、常に音楽シーンの開拓に挑み続けている<GUEST ARTIST>として、Creepy NutsとDISH//の2組が出演した。なお、MCはレギュラー番組『BOOM BOOM BOOM ch.』の司会を務めている小関裕太が担当。出演アーティストらによる熱いステージはもちろん、転換時には出演アーティストと小関の熱いトークが繰り広げられるなど、約3時間半に渡る内容の詰まったイベントとなった。

 トップバッターを務めたのはthe shes gone。兼丸(Vo.)の歌いだしから始まる「想いあい」でライブがスタートした。軽快なドラムビートに乗った、マサキ(Gt.)の生み出す綺麗なオクターブと、Daishi(Ba.)の滑らかなベースラインが聴き心地良い。また、ラストサビにかけてのギターソロも見ごたえたっぷりで、序盤から画面に釘付けにさせられた。そして、メンバーが手拍子をし始めると、「今日という日を甘い一日にしていきましょうか!」という兼丸の振りから、「甘い記憶」を披露。兼丸の透き通るような甘い歌声がステージを優しく包み込んだ。ラストは、温かい音色のギターが聴こえてくる「ふたりのうた」をパフォーマンス。神々しいライトに照らされながら、the shes goneはステージを後にした。

 2組目に登場したのはマルシィ。ライブの開幕を飾った楽曲は切ないラブソング「雫」だ。序盤からパワフルなうきょう(Vo.)の歌声と、重厚なバンドサウンドを見せつけていく。また、マルシィを待ち望んでいた視聴者からは、歓喜のコメントが殺到。2曲目のアップチューン「プラネタリウム」は、うきょうの息遣いまでしっかりと聴こえてきた楽曲だった。そして、想いのすれ違い、心の葛藤を鮮烈な歌声で歌い上げた、自身初の春ソング「ワスレナグサ」へと続いていく。最後のMCでは、「ここに立てること嬉しく思います」と視聴者に感謝を伝え、そのまま「絵空」へ。エモーショナルなバンドのアンサンブルを会場全体に響かせ、最後まで視聴者の心を掴んで離さなかった。

 3組目は、「いえーい!」という畑山悠月(Vo.)の元気な挨拶から、KALMAが登場。メンバー3人の声が重なり合うサビが印象的なナンバー「デイズ」で、盛大なスタートダッシュを切った。「これでいいんだ」では、色鮮やかな日々を“なんとかしていこう”と感情的に歌い上げる畑山が印象的だった。「ワクワクします!」という興奮状態のMCから間髪を入れずに始まったのは、疾走感たっぷりの「ねぇミスター」。会場も視聴者も沸かせる演出で、ステージを一気にヒートアップさせた。最後は「沢山聴いてくれてありがとうございます」と<BOOM BOOM BOOM ARTIST>で1位を獲得したことについて何度も感謝を述べ、新たな出会いや挑戦に背中を押してくれる「さくら」でライブを締めくくった。

 後半戦に入ると、DISH//が<GUEST ARTIST>の1組目として登場。ライブ初披露となった最新曲「No.1」では、北村匠海(Vo.)が力強い芯のある声を会場全体に轟かせた。今回が2021年初ライブとなるDISH//。「食べつくすぐらいでやりますので!」と意気込むと、最新アルバム『X』から「QQ」をパフォーマンス。揺れたくなるようなダンスロックで徐々にグルーブ感を生み出していく。勢いづいたところで、ロックナンバー「ルーザー」、ライブの定番曲「勝手にMY SOUL」を連続で投下。メンバーの気迫ある演奏や滴る汗から、ステージの緊張感がビリビリと伝わってくる。そんなライブのラストに披露された楽曲は「猫」。激しいパフォーマンスに「感情が高ぶりました」と反省気味に語った北村は、さっきまでとは一転して、目を閉じながらしっとりと歌い上げた。

 本イベントのトリを務めたのはCreepy Nutsだ。怪しい足音が迫ってくるようなBGMから「バレる!」をパフォーマンス。奇妙なメロディの世界観をDJ松永が作り上げていく。2曲目の「顔役」では、R-指定の持ち前のラップが炸裂。息継ぎしていないのではないかと思われされる高速ラップに、視聴者全員が圧倒された。曲のタイトルに合わせてステージ全体がオレンジ色に染まった「Bad Orangez」。そのまま新曲「Who am I」へ。いつもとは違ったミディアムテンポで、R-指定の歌をしっかりと聞かせる楽曲になっている。昨今の状況を受けながらも、どう自分たちの音楽を届けていくべきか、常に方法を探し続けているCreepy Nuts。R-指定が「また会いましょう」と笑顔で締めくくり、「かつて天才だった俺たちへ」をパワフルに歌い上げ、本イベントは無事に終わりを迎えた。

 なお、本イベントのアーカイブ配信が5月5日の12時まで行われているので是非チェックして頂きたい。

Text by Tatsuya Tanami
Photo by AZUSA TAKADA

◎イベント情報
【BOOM BOOM BOOM LIVE vol.2】
2021年4月27日(火)
出演:
<GUEST ARTIST>Creepy Nuts、DISH//
<BOOM BOOM BOOM ARTIST>KALMA、マルシィ、the shes gone
<MC>小関裕太
アーカイブ配信: 5月5日(祝・水)12:00まで
https://bbb.spaceshower.jp/live/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい