【ビルボード】BTS『BE』が21週ぶりの総合アルバム首位 江口拓也/『呪術廻戦』OSTが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】BTS『BE』が21週ぶりの総合アルバム首位 江口拓也/『呪術廻戦』OSTが続く

Billboard JAPAN
【ビルボード】BTS『BE』が21週ぶりの総合アルバム首位 江口拓也/『呪術廻戦』OSTが続く

【ビルボード】BTS『BE』が21週ぶりの総合アルバム首位 江口拓也/『呪術廻戦』OSTが続く


 2021年4月28日公開(集計期間:2021年4月19日~4月25日)の総合アルバム・チャート“HOT Albums”で、BTSの『BE』が総合首位を獲得した。

 本作はBTSが2020年11月にリリースしたアルバムで、2021年3月に行われた【グラミー賞授賞式】の衣装を着用したメンバー未公開写真使用の限定フォトカード付セットがリリースされたこともあり、当週のCDセールスが31,085枚と、同指標1位を記録した。CDセールスのポイントが大きくけん引して総合アルバム首位を獲得。本作が総合首位を獲得するのは、2020年12月2日公開(集計期間:2020年11月23日~11月29日)以来、21週ぶりとなる。

 総合2位には、声優・江口拓也のソロ・デビュー・ミニ・アルバム『EGUISM』がチャートイン。CDセールスは18,791枚で2位、ダウンロード数は562DLで7位を記録している。そして、総合3位には『「呪術廻戦」オリジナル・サウンドトラック』が続く。CDセールスが12,012枚で4位、ダウンロード数は1,219DLで2位を記録しており、アニメ放送終了後も『呪術廻戦』の人気の高さがうかがえる結果となった。また、YOASOBIの『THE BOOK』は前週から4ランクダウンの総合9位となったが、ダウンロード数は1,425DLで通算8週目の1位、ルックアップも通算12週目の1位を獲得している。

 そのほか、トップ10に初登場しているのは、VTuberグループ「ホロライブ」による人気プロジェクト「hololive IDOL PROJECT」の初の全国流通アルバム『Bouquet』(総合4位)、ORβITの1stミニ・アルバム『Enchant』(総合5位)、さだまさしのセルフカバー・アルバム『さだ丼 ~新自分風土記III~』(総合7位)、ゲーム『NieR Replicant ver.1.22474487139...』のサウンドトラック『NieR Replicant ver.1.22474487139... Original Soundtrack』(総合10位)の計4作品。スマホアプリ『ニーア リインカーネーション』のサウンドトラック『NieR Re[in]carnation Original Soundtrack』も総合19位に初登場している。


◎【HOT Albums】トップ10
1位『BE』BTS
2位『EGUISM』江口拓也
3位『「呪術廻戦」オリジナル・サウンドトラック』堤博明・照井順政・桶狭間ありさ
4位『Bouquet』hololive IDOL PROJECT
5位『Enchant』ORβIT
6位『One Last Kiss』宇多田ヒカル
7位『さだ丼 ~新自分風土記III~』さだまさし
8位『Walpurgis』Aimer
9位『THE BOOK』YOASOBI
10位『NieR Replicant ver.1.22474487139... Original Soundtrack』(ゲーム・ミュージック)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい